朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 高畑さんと一路さん。

<<   作成日時 : 2005/02/17 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「スタジオパークからこんにちは」と「徹子の部屋」・・・迷ったけど、ザッピングしながら(失礼!)見ました。

黒いワンピース(袖はシースルー)に黒のロングブーツ姿の一路真輝さん。前回は97年6月出演・・・うわー、そんなになるんですねぇ(あの時、東宝版「エリザベート」なんて考えなかったですし)。
「毛利元就」、懐かしい・・・(雪の方、でしたね)。

予想通り、「エリザベート」の話が多かったのですが、昨年オーストリアで観劇の折、クロークにコートを預けようとしたら係のおばさんが、「マキ!」と言って、混んでいたのにワインを持ってきてくれたり(いい人だー!というか、凄い)ウィーン版のパンフレットに一路さんシシィ(一幕ラストと、ポスター)の写真が載っていて、驚いて閉じてしまったり・・・と、興味深いお話でした。

考えたら、東宝パンフでも、ウィーン・ハンガリー・スウェーデン・オランダ・ドイツと各国版(宝塚雪組も)載ってましたから、当然といえばそうなのですが、向こうでもちゃんと紹介ありなのは、嬉しいです。
・・・でも、黒柳さん、そのパンフに映っていた内野トート閣下を「日本の俳優さんですね」・・・お名前言って欲しかったですわ(残念)。10周年記念ガラ・コンサートを「エリザベート大会」という表現は面白かったですが(笑)。

昔、聖飢魔IIが出た時、デーモン閣下に「あなたの、世を忍ぶ隠れ家族」と言ってしまい、「忍んではいるが、隠れてはいない(苦笑)」と返されたのを思い出します。
(黒柳さんは、「世を忍ぶ仮の家族」・・・と言いたかったらしい。)

一路さんは、真面目でキリリとした美人なのに、面白い事になると途端にお顔がくしゃくしゃになってしまわれる所が、いつも不思議であります(個人的に、そこが好きな所でもあります)。

高畑淳子さん。赤いチェック柄のスーツで、前髪を下ろしていました。
もう一度、アニメの吹き替えとか、やって欲しいです・・・(お声も、いいんですよね)。
・「雲のように風のように」のタミューン(今考えると、豪華なキャスティング・・・。佐野量子、井上遥、小林昭二、市川笑也、三ツ矢雄二)。原作よりマトモで、弟思いな美女でした。
・「魔法騎士レイアース」の怖いママ(名前、失念)。
・「X(劇場版)」の庚さん(丁姉さんとのラストが、哀しい・・・)。

・マリバロン(仮面ライダーRX)。
「いつみても波乱万丈」等の番組でも取り上げられ、ご自身としてはいろんな思いもあったようですが、避けないできちんと語る(まるきり嫌いじゃなかったり、演じる中、得るものもあったようで)、というのも、潔いと思います(偉そうで、すみません)。

「越路吹雪物語」の岩谷時子さん役、観たかった・・・(来年、また日生劇場でやるそうで、それは楽しみです)。
番組中、岩谷さんご本人からお手紙が紹介され、高畑さんは涙ぐんでらっしゃいました。

(「白い巨塔」で、プライドの高い、でも奥様グループから孤立する東夫人を演じてらっしゃいましたが、オフの高畑さんは、さばさばしつつも感情豊かで、お子さん思い・・・そんなギャップが、魅力の一つのようにも感じられました。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

高畑さんと一路さん。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる