朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ご対面(義経)。

<<   作成日時 : 2005/04/18 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 3

・・・政子は、廊下で「野山を駆け回っていた、猪」とか言ってたのに、義経が美形と分かった途端、心の中で前言撤回していた・・・筈(少々慌て気味で、そこがおかしかったです)。

「私の顔に何か?」←最近、めっきり聞かなくなった台詞であります・・・。

あと、時政父さんが映った瞬間「キケロ星人ジョー!」と内心突っ込んだのは私です(自白)・・・。
(「いいとも」で仰ってましたが、私はさすがに本放送は知らないものの「とんねるずのみなさんのおかげです」のパロディ、「キャプテンウルタカ」で覚えてました。岩石の着ぐるみ?姿で貴さんに「はい、キャップ!」と言ってました。
それと、貴さんは当時「仮面ノリダー」で毎回、悪の怪人として着ぐるみが多かったので、このコントでロボット役の憲さんに「ぬいぐるみの気持ちが少しはわかったか」と聞いてたのが忘れられません・・・。)

それを言ったら秀衡は「バシヒデ」・・・。

ところで、頼朝兄さんの陣にいた人で、ウェービーヘアの殿方が。個性的というか、目が釘づけになりました・・・。

さて、頼朝兄さんの所に馳せ参じたものの、いきなりの話で、俄かには信じ難く、時政などは会わない方が、と言い出す始末。
目通りを許されても、偽者の可能性(そもそも、兄さんからして弟の顔を知らない)が拭えぬ為、質疑があちこちから(初陣すら未経験、この状況では「員数外」の義経・・・)。
それでも落ち着いて答える義経だが、与えられた休息所は陣から離れた場所、任務も川の見張りと、余り目立つものではなかった。
だが、義経は不平も言わず(家礼は愚痴ったけれど。皆、立ち直りが早いな〜)、頼朝の部下が顔を出すと、見張りに留まらす、川を渡る際のポイントを探ったり、ここ数日の天気、川向こうに陣を張る平家の様子など、短時間で細かく調査していた(駿河次郎の故郷だったので、地元民とも顔馴染み)。

予想外の働きだが、それを鼻にかける様子は無い義経の態度に、頼朝の部下は感心。

が、平家と一戦交えるどころか・・・。

「水鳥の飛び立つ音に驚き、平家は混乱・敗走」史実らしいですが・・・その前に、白拍子を連れて宴会してた時点で、既に・・・終わっているような。
清盛が惟盛を叱責した時、部下の一人が(先週の時子さまに続いて)「祟りでは?」と言いましたが、それは〜その〜・・・。

ところで、立ち消えになりましたが、惟盛が配流されそうになった「鬼界ヶ島」・・・鬼ヶ島に似てる・・・(桃太郎?平泉に桃太郎侍なら・・・って、違う!)。
調べましたら、かな〜り遠く離れた所にあるんですね。確かにこれは、母上でなくとも取りなしを願い出る訳です・・・。

そのお願いをされた時子さま、いつもとは装いが違うので、面食らいました。真っ白の着物姿でしたので(いつもの服では、花の手入れの際、汚れが気になるから?)。

取りあえず、鎌倉へと移動する頼朝一行。義経も戦場を後にしようとした所、そこへ逃げようとした白拍子が倒れる。
怪我をした彼女を助けようとすると、それは京にいた時、遮那王の窮地を救った、静であった。

治療が必要な事から、一先、連れて行くことに。弁慶は渋い顔だが、彼以外は同行に賛成。

鎌倉に着き、案内された屋敷は大きいけれども痛みが目立ち・・・(平泉でもそうだったな〜)。だが、手分けして屋根や床を直す家礼チーム。

駿河次郎が(見張りの時は、故郷だったせいもあったが、ここでも知り合いがいたので)人脈を活かし、伊勢三郎も近所の子供の人気者に。

で、どうして政子は頼まれた訳でもないのに(侍女まで一緒に)、様子を窺ってるのか?じっとしていられない性分?
(彼女からすれば、いきなり出て来た弟なので、調べないと気が済まないのもわかりますが、頼朝が忙しそうなんだから、そちらを手伝うのがホントのような・・・。)
ここの所、角が取れて、いい奥さんだったのに〜。

屋敷の離れで養生していた静。夕暮れ、義経が見舞いに。助けてくれた時の笛を取り出し、「平泉にも持っていった」。
義経の笛の音。安心する静。

そして、兄弟二人だけの対面。酒を酌み交わし、お互いの過去など語り合うが・・・。
兄さん、やはり配流生活は一言では言い表せない思いがあったのか、「九郎(頼朝はこう呼んでます)は、のびのびと育ったようじゃな」「わしは・・・流人であったゆえ・・・」・・・。

「兄弟」ということを強く認識しあったものの・・・。

今回、耳役さんの出番が無かった・・・。
・・・来週は、政子が夫の元カノや義弟を、あの手この手で引き離そうとしているぞ!気をつけろ!(←☆井秀和調で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

>「水鳥の飛び立つ音に驚き、平家は混乱・敗走」〜
いつも思うのですが、ホント平家の皆さんは何をしに来たのでしょうね(笑)
「惟盛に聞いておるのじゃ!」
清盛様のお怒り、ごもっとも・・・

>「わしは・・・流人であったゆえ・・・」
哀しい顔で目を潤ませて・・・頼朝様もさぞお辛かったのですなぁと、こちらもホロリ。

>で、どうして政子は頼まれた訳でもないのに、様子を窺ってるのか?じっとしていられない性分?
多分、青汁飲んで(CM)がんばっていらっしゃるからではないかと(笑)
次週から、財前・政子はイジメ役に回るんでしょうか?

ところで、うつぼは京に戻って何をしているのかと思ったら、バレーボールに興じておりました(笑)。
私は見ておりませんが・・・
ともや
2005/04/19 23:30
ともや様、こんばんは〜。

>惟盛
大河のHPを読んだ所、武人というより舞踊に長けていたようで(以前、青海波を踊ってましたが)、人選ミスだったのかも?しれません。とはいえ、
>清盛様のお怒り、ごもっとも・・・
・・・ですねぇ・・・。戦らしい戦、してないですし。

>哀しい顔で目を潤ませて・・・頼朝様もさぞお辛かったのですなぁ
「20年監視付き」・・・。幽閉では無いにしろ、相当キツかったんだと思いました。

>青汁飲んで(CM)
最近これ見てなかったので、当初分かりませんでした・・・。HP見て、納得。

>次週から、財前・政子はイジメ役に回るんでしょうか?
やはり大河HPに、それっぽく書いてありましたが、彼女からすれば、状況が変化して落ち着かなかったのかな?とも・・・。(その辺、次回で触れるのか気になりますが。元々白黒ハッキリさせたい気質が、イジメスキーに映ってしまいがち・・・。)

調べました所、「尼将軍」と言われた反面、後年は静に気を配ったり、親子間で問題があったり、苦労も多かったようで・・・。
朝凪、夕凪 管理人
2005/04/20 19:39
(字数オーバーの為、補足致します。)
>うつぼは京に戻って何をしているのかと思ったら、バレーボールに興じておりました(笑)。

少しだけ見ましたが、一部キャストが「◇ースをねらえ!」とかぶるので
戸惑いました。あの主題歌は、21世紀のの乙女達の心に響くのか、気になるであります。
・・・それとFさん、キャラ濃すぎ(汗)。
朝凪、夕凪 管理人
2005/04/20 19:47

TBのご注意

ご対面(義経)。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる