朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 東地さんと高田さん。

<<   作成日時 : 2005/04/01 19:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

思えば、声優さんにハマってからイベント等でご本人様のご尊顔を拝する・・・という事はあっても、吹き替えを見る(耳にする)前に舞台を観た・・・のは、東地さんが初めて、だと思います。

さて、私は東地宏樹さんの舞台を観たのが先だったのですが、そもそも舞台を観るきっかけは、「高田裕司さん」でした。
もっと言うなら、2000年のアニメ「BRIGADOON まりんとメラン(WOWOW スクランブル放送)」で、高田さんに興味を持ち(でもごめんなさい、このアニメで好きだったキャラは、メランです・・・。高田さんは、そのメランの兄、というか生体兵器・パイオン・シルヴァーと、鴇田正の2役)で、「ぴあ」の演劇ページで、出演者の欄をじ〜〜っと目を凝らして探した所・・・見つかりまして。

秋分の日、だったかな、新宿の劇場へと足を伸ばし、当日券で観たのが、始まりでありました(劇団ビタミン大使ABCの、「求愛日和」)。

アニメ以外でも、高田さんはナレーターとして、CMやTV番組でご活躍、「たけしの万物創世記」をご記憶の方も多いと思います。

その後、01年「まりんとメラン」最終回直前に、「あいうえ落ち葉の・・・」を観に、下北沢へ行きました。
アニメ等、声の方はシリアス路線の2枚目が多いのですが、舞台ではどちらかというと、情けないお父さん役、ちょっと抜けてる(失礼!)おじさん役とか・・・あと、眼鏡も似合いますね。

ギャップがあって、初めは戸惑ったりもしましたが、それぞれ楽しめました。
「あいうえ〜」で、ここで初めて東地さんを観た訳ですが・・・これは以前も書きましたけど、この時は吹き替えされるとは全く思いませんでしたので・・・。

ですから、この春、番組こそ違えど、GONZOによるアニメ作品で(高田さんは「スピードグラファー」、東地さんは「トリ・ブラ」)それぞれ主演、という事で・・・感慨深いものがあります。

このお二人、お芝居の掛け合いを観た事がありますが(「PhII−顆粒」他)、最高におかしかったですねぇ・・・。ですので、アニメの方でも是非、共演が望まれるのですが。

何はともあれ、今後ともお体に気をつけて、お二人とも、頑張って下さい!!(見るぞー。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

東地さんと高田さん。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる