朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS トリブラ・1話(と、ラジオ)。

<<   作成日時 : 2005/04/30 02:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・5分見逃し・・・(悔)。でも、作画はめっさキレイ!(次回が気になる。ガクンと落ちないでくれ〜)。
OPは見られなかったのですが、ED・・・いや〜、麗しい(さっすが、中嶋敦子さん!!)。・・・けど、切ないです。

(ところで、偶然なんでしょうけど、宝塚月組公演「薔薇の封印」が放送されたのって、意味深・・・。吸血鬼ものだし。尤もあちらは「ミュージカルゴシック」、トリブラは「遠未来のノイエバロック」。関係ないけど、ミュージカル「ヴァンパイアの舞踏」日本版、今から楽しみ〜。)

そんな訳で「吸血鬼の血を吸う吸血鬼」という、普段は温厚・敬語、腰の低い美貌の貧乏な神父様(・・・長っ!)は、優しさと強さ、グロさを、アクションも交えて見せて下さいました。

カテリーナ様。髪のボリュームが多く、お手入れは大変そうですが、兄上との確執も悩みの種のよう・・・。
トレス君は、ちょこっとの出番(ラジオで中井和哉さんも残念そう?でした)。
シスター・ケイト。アニメ版は、ああいう感じなんですね。透けて見えるのかな、とも思ったんですが。

・・・素朴な疑問ですが・・・アベル・・・、あなたは成人病になる心配がないんでしょうか?(見てるだけで体に毒でしたわ。あの、砂糖が「ずも〜」っとなった紅茶・・・。)

01年に下北沢で、東地宏樹さんを舞台で観てから、こんな日が訪れようとは、予想しておりませんでした。
「きれいな声で尺に会わせて、感情を乗せて、役として表現する」・・・書くだけなら簡単だけど、難しいし、テンションを保つのも、一苦労でありましょう。

でも、やってくれました。・・・穏やかで品良く、一方で冷酷。
アニメはまだ始まったばかり、お体に響かない程度に、今後も頑張って下さい!!

ラジオも楽しかったです。「サッカー選手みたいな名前のラジオ番組だなぁ」と思ったら、トリブラとラジオをかけたんですね。

中井さんは、以前、ラジオが苦手というか怖い・・・みたいな事を仰ってましたが、聴く限りそうは思えませんでした(ゾロの声や、ニュースのナレーションのイメージが強いので、元公務員・関西出身というのは、初耳)。
パパの物真似、最高〜(でも、それ身内ネタですからっ)。

やっぱ東地さんは、素(?)の方が面白いです(声、ちょっとぐっさんに似てる??)。

東地さん、書道家になりたかったのは、ホントに、そーいう理由(昼間から酒が飲めて、字を書いて暮らす)なのでありましょうか??
まぁ、冗談めかしてるのでしょうが、以前「書道の世界では、50代なんてまだまだ新人ですよ」と、ある先生が話してたのを思い出したので・・・。

「道を究める」のは、一日にしてならず、ということでしょうけど。

流麗な作画と過激な描写、そして重厚な物語。キャラクター達はどこまで行くのか、そしてどんな道を辿るのか・・・。

取りあえず、次回は頭から、ちゃんと録ろう・・・(汗)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

トリブラ・1話(と、ラジオ)。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる