朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS スターウォーズ展・目黒美術館(と、「M!」補足)。

<<   作成日時 : 2005/08/27 21:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・すっかり書くのが遅れてしまいましたが、24日、帝劇に行く前、目黒美術館にて「スターウォーズ展」を見て来ました。

国際フォーラムでの展示は先に見たのですが、いかんせん「3」を見る前で、確かにC3−POやR2−D2は「おぉッ!!」と感じた反面、アナキンやオビワンのマシンは、映像も流れてましたが、感動は今ひとつ・・・。
「グリーバス将軍??誰それ」状態・・・。

・・・映画見てから、行くべきでしたわ・・・。
「2」の、パドメの白いスーツ・・・N・ポートマン、ウエスト細っ!うーん、女優さんてスゴイというか、大変というか・・・。

なのでどうしても、目黒の展示の方が満足度が高くなってしまうのですが・・・・。
「1」「2」と出てきたドロイドを見て、感慨に耽ったり(お気に入り、というより、某アニメに出てきたメカがこれに似てるので・・・。ちなみに、そのアニメにはヨーダもどきも出てますが、そのキャラのお声の方は、SW日本語吹き替え版のジャージャー・ビンクス役・・・)、溶岩の場面のメイキング映像とか・・・。

やはり圧倒されたのは、ダース・ベイダー!手術台やパドメのベッド、ライトセイバー等も貴重でしたが、これを見た時は、「ホントに動き出すんじゃないか?!」と一瞬身構えてしまいました。
(「スーッ・コーッ」って、呼吸音が聞こえてこないのが不思議な位・・・。)

残念だったのは、「2」のパドメのウェディングドレスを展示して欲しかった事かな。「3」で着ていた、水色のネグリジェも見たかったり・・・。
(過去のSW展、行った事無いんですよ・・・。悔やまれます・・・。)

他、リドリー・スコット、P・ジャクソンなど、SWに影響を受けた監督達が、旧エピソード公開時の思い出を語ったり、ハン・ソロの設定秘話をルーカスが語るなど、盛り沢山でした。
(ヘイデン君が、ベイダーのスーツを自分に合わせて作ってもらった、と語る映像も流れてました。)



そして・・・先日、千秋楽を迎えた「モーツァルト!」。
・・・やばいよ〜、CDが欲しくてタマラナイよぅ・・・。木曜日、仕事中ナンバーが頭の中を駆け巡ったり・・・。

でも、一番欲しいのって、自分が見たその日の公演だったりしません??
だから、ハイライト版が2階の売店で流れてたんですが、「久世さん・香寿さんの<今年の>男爵夫人、どっちも聞きたいなぁ・・・」。勿論、一路さんの歌声も絶品でしたし、観に行けないから、欲しいですが・・・あぁ、ジレンマ。

自分が観た「その日」の公演が、ずーっと記憶が薄れなければいいのになぁ・・・。
(以前、紫吹淳さんの東京トップお披露目「大海賊」を観た時、偶然ビデオ録りの日だった事はありましたが。)

作品の感想(追記)としては、2幕終盤、ヴォルフガングが自分の名前が書かれた、星の付いた幕をつかんで、体に巻く・・・。幕は「栄誉」の象徴のようであり、誰にも取られたくない、孤独と怖れ・・・。これも、印象的でした。

閑話休題。一緒にしていいものかどうか迷いますが・・・SW・EP3といい「M!」といい、主人公が恵まれた才能を持っていたにもかかわらず、周りとの話し合いや、譲り合いとか出来たら、もっと幸福だったろうに・・・とやりきれないのが、共通してるような気がします。
(愛する妻とも、だんだん心の距離が・・・。)

難しい曲を書く息子ヴォルフガングに対し、分かり易い、簡単なメロディーで曲を書け!と何度も強調する父。ちょっと、フランツ・ヨーゼフと重なるなぁ・・・。

ナンネール・高橋さん。序盤の少女役から、娘〜妻役への年の重ね方が上手かったです。
夫役の森田さん。妻が嫌いな訳じゃないけど、評価の高い義弟への焼きもちをちゃんと表現してました。それと、公式HPにあった、裏設定が面白かったです(笑)。

・・・しばらくは、CD欲しい病から逃れられそうにありません・・・。うぅ。
(SWのCDも、お得みたいで。ウィーンでなくても、お金に羽が生えてる気がしてきましたわ・・・。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

スターウォーズ展・目黒美術館(と、「M!」補足)。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる