朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS トリブラ・17話。

<<   作成日時 : 2005/10/02 22:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「えぇ、好きみたいですね」
・・・「いらぬ気を回して、損した」と機嫌を損ねるアストさん・・・。


「他人の事には良く気がつくけど、自分のことは無頓着」みたいな事を誰かさんに言われてましたが、ホントだ・・・神父。

ところで・・・中嶋敦子さんは「ハーメルンのバイオリン弾き」で、キャラデザでしたね。忘れてた・・・。
セスを見て思い出した私。
(アニメ版「ハーメル〜」、絵の完成度は高かったんですが、いかんせん顔のアップばっかりで、動いてなかった・・・。結局最後まで見なかった・・・。)

今回の作監は小林利充さん。目がやや細いのが特徴。でも、キレイ〜。

帝国の町並みを見下ろす場面での、種とも子さんの挿入歌、いいですね・・・。

エステルが負傷し、替えの包帯等を買いに、セスは外へ。イオンも、しばらくエステルと、風景を見ながら帝国と国民・士民との関係を説明。

皇帝が「絶対」であるからこその強固なシステム(士民は、出自に捉われずに教育・就職の権利が保障されている)と、長生種・短生種との「共存」関係。
しかし、エステルは「皇帝に何かが起これば、その時はどうなるのか?」疑問が生じる。


スレイマンの声は、竹若拓磨さん(あぁ、悶々が晴れた・・・)。「ドーソンズ・クリーク(海外ドラマ)」や、「PAPUWA(アニメ)」にも出ていたような。

「指輪」の威力(こう書くと、フ◇ドが持ってたみたい・・・)、アニメで改めて実感。

ラドゥの顔つきが変わってましたが「ZZ」で洗脳されたマシュマーが、やはりキツイ顔になってたのを思い出しました。


前半は、まだ清々しい雰囲気でしたが、後半はほんとにダークというか・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

トリブラ・17話。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる