朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS トリブラ・感想2。

<<   作成日時 : 2005/11/10 21:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・アンゼリカ
この子も、金髪ではなかった・・・。
法皇アレッサンドロとの、ウサギのエピソードは出てきましたが、その後の、名も無き長生種達との交流、アンゼリカとの「探検」はアニメオリジナル。

アンゼリカが、幾分幼い頃のセスに被るのが気になりましたが、かわいかったし、「めーするの」が印象的でした。
(さすがに、片方筆談なのは難しかったん・・・でしょうか。)

・アレッサンドロ
あの法衣で狭い通路やら歩かされるのは、キツかったでしょうなあ・・・さぞや、重くてかさばる衣装だろうて・・・。

自分の目で見たアルビオンの「地下」の「ヴァンパイア」、次第に触れていくにつれ、流されがちだった教皇は、自らの意志と行動により、少しづつ主体性を持つようになる。

ローマとの姉上とのやりとり、よかったなぁ・・・。

原作で、彼に強い影響を与えたハヴェルがいて・・・。
うーん、アニメでもハヴェルとアレッサンドロの会話が、見たかった・・・。

・ケンプファー
・・・後から出てきて、カッコよかったのか悪かったのか・・・。

某映画の吹き替え版の影響で、別の意味でハラハラしたうつけ者が、ここに約一名・・・。

原作では、複数の名前を使って暗躍してましたが、「バトラー」な彼も、見たかったり・・・。
「サン・ジェルマン」・・・漫画「サイボーグ009」でもちょこっと出てきましたが、個人的には宝塚星組「カサノヴァ・夢のかたみ」(紫苑ゆうさんのサヨナラ公演・自分はBS2で見た方です)が印象的・・・。
↑ここでの「サン・ジェルマン伯爵」はマリコ(麻路さき)さんでした。


・カイン
原作でのすっとぼけた「キャラ」は、殆どカット。
培養液に浸かる彼は「風の谷のナウシカ」原作の、土鬼皇兄・ナムリスを彷彿とさせます。
(長命の割には若々しい外見・性格も肉体もふてぶてしい、なかなか死なない・・・のは共通してる?)
白髪ではなく、金髪に。
大気圏から落っことしても平気?な、脅威の耐久力の持ち主(・・・ツッコむのが嫌になる位、性格、ひん曲がってます・・・)。

↓・・・さて、アニメ・原作ともかなり離れますが・・・。

フィッシュ・アンド・チップスについて、かなりこだわりがあったようですが(塩と酢がたっぷり掛かった味がお好み)。
・・・アンタなんか、『チャーリー・ガール』の、ジョーの足元にも及ばんわい!!(超・個人的意見につき、ご容赦の程・・・。)

・・・今でも、ジョー役の錦織一清氏の、ジャグラーのような、「魅せる」ミュージカルナンバーが印象に残ってるので、どうせなら、それを上回る位に歌って踊れる、でないと、「世界の敵」だろうがなんだろうが、どうでもいい自分でありました・・・。

(「フィッシュ・アンド・チップス」というナンバーを、ダンスを交えて歌うんですが、おじさんがフィッシュ〜売りで、そのせいもあって、ジョーは思い入れが並じゃないことを表現するんです。
ここを見て、ニッキがただ、少年隊の一人じゃない、ということを思い知らされた場面でした。「ニッキって、こんなに凄いんだ!!」と、舞台にかける意気込み等、熱いものを感じました。他の場面でもアドリブ入れたり、面白い一面もあったり・・・。)

・・・失礼、懐かしくって、話題が3年前のミュージカルに行ってしまいました。

(まだ続くけど、〆・・・。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

トリブラ・感想2。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる