朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『狂王』と『兇王』の、あいだ(トリブラ「RAM」VI)。

<<   作成日時 : 2006/04/24 19:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前者は、バイエルン国王。後者は、「遠未来」の、ゲルマニクス国王。
前者は、ワーグナー好きで、後者は、モーツァルトファン・・・。


少年王、頭は切れるみたいですが・・・。
え〜?お住まいはノイシュヴァンシュタイン城(←シンデレラ城のモデルになったお城。日本語にすると「新白鳥城」)でも、リンダーホーフ城でもヘレンキムゼー城でもなく・・・

シェーンブルン宮殿?!



・・・いや、違うんだと思いたくても、別の場面で「ヴィスコンティ」さんが出てると、うぅ〜・・・。
(あーぁ、BSで映画『ルードヴィヒ −神々の黄昏− 』やった時、見とけばよかった・・・。血縁つながりで、ルドルフが主人公の映画、『うたかたの恋』は見たんですが。残念・・・。)


しかし・・・美少女と見紛う美少年キャラって、女に間違えられたくなかったら、初めからそういう身なりでいればいいのに・・・。
(国王、そんなやたらに髪を伸ばさなくても・・・。いっそのこと、角刈りとか。)

でもって、あの袖から覗くフリル・・・。陛下、宝塚に出れます(いや、男だけど)。
もっとも、こっちの陛下は禁治産勧告は受けてないようですが。弟もいないみたいで・・・。

ノイマン3兄弟、みんなキャラも濃いけど・・・一体どんな両親だったのだろうか・・・。
この3人のファーストネーム、『エヴァンゲリオン』のコンピューター、MAGIを思い出します・・・。
(いや、元ネタはどちらも、東方3博士からですが。あと、「キャスパー」っていう、かわいいお化けの映画、ありましたよね?)

「逝ってよし」というと・・・どこかの私立高の、男子テニス部部長の台詞を、連想するざます・・・。

カスパール・・・『パタリロ』風に言うなら、「お前の家に鏡は無いのか?!」な、歪んだ美意識・・・。

伯爵夫人・・・・・・ご・・・50代?!

カテリーナさん、スーツ姿だと却って御髪が大変そう・・・。

教授、なんとか助かった・・・。
(実は30代だったのですね・・・。そうすると、30代で教授なのも、充分凄いような・・・。アントニオ・ボルジアの方が、若くて博士号沢山持ってるから、そっちに目が行きがちですが、むむぅ。)

ユーグ。前巻の「大掃除」が、ここで活きるとは。

ゲルハルト・・・某国出身の、元F1ドライバーを思い出す・・・。


プラーター公園まで出てきて、以前、個人的に行ってみたい場所のひとつに書きましたが・・・。
ますます、行きたくなっちゃったじゃないですかぁ・・・。うぅ。


でも・・・・・・・。
幻となってしまった「後半」・・・・・・、惜しい・・・・・・。

(正直、最後の巻だと思うと・・・なかなか、買えませんでした・・・。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

『狂王』と『兇王』の、あいだ(トリブラ「RAM」VI)。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる