朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 危険な料理(銀魂・14話)

<<   作成日時 : 2006/07/05 22:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・3本立て、という事で・・・。
しょっぱな、食べ物が喉に詰まって、ヤバイ銀さん(汗)。


一本目。
あのバズーカ?は、総悟専用ではないようですが・・・隊士たちより屯所の安全を考えてから使って下さいな、副長・・・。


「俺がナメてるのは土方さんだけでさァ!!」←真顔で力説するな!!

カエル天人は哀れ、キャンプファイヤーの刑?に・・・。


2本目。
家出した将軍の妹姫・そよと知り合った神楽(自称・かぶき町の女王)。

意外にも賭け事には強い?神楽。
その才能、万事屋では使わないのかしら・・・(お給金がないのに酢昆布いつも食べてるのは、ここで稼いでるから??)。


真選組にそよ姫捜索の命が出た・・・のはいいけど、総悟・・・。

ノースリーブは確かに、涼しいさ。
しかし、組のみんなに提案しておきながら、自分は長袖のままってーのは何なの?
(見た目パンクとゆーか、ケンシロウのよーな・・・。土方さんの表情が、全てを物語っております・・・。)


夕暮れ、土方に見つかり、ビルの屋上に隠れるが、姫は迷惑をかけたくない、と戻る決意をする。
ずるいよ、もっと一緒に遊びたいアル!という神楽に、姫は「ええ、私ずるいんです。」

だから・・・・・・。


数日後、TVで姫が酢昆布をかじるニュースが。
驚く新八。
あれは庶民派を装ったパフォーマンスだ、と切り捨てる銀さん。


・・・ソファで眠る神楽の傘(取っ手)には、「かぶき町の女王と姫」と書かれた、二人のプリクラが貼られていたのでした。




(でも、『不゜倫人倶楽部』って・・・なんか、コワイ写真みたい・・・。)




3本目。

今日も料理、の看板が・・・むぅ。

今時、新婚さんでも着なそーな、ピンクのフリルのエプロン(苺のワンポイント付き)。
・・・甘いの大好物だからって〜、男(銀さん)が着ないでよ、そんなもん・・・。

(カンケーないけど、この前スーパーで「いちごオーレ」が牛乳より安かったので、危うく買う所でした・・・。)

お妙さんは割烹着、神楽は龍が描かれた黒地のエプロン、新八は何故か・・・緑の手術服(最初、給食係かと思っちゃったよ・汗)。


オムライスを作る・・・筈が、このメンバーでまともなものを期待しちゃあイケマセン・・・というお話でした。

神楽・・・「らんま1/2」のあかねより、材料の切り方がなってなさすぎ。
(あかねは、まな板と材料、一緒に切って炒めてたけど、さすがに台所は・・・あっでも、ガス爆発とかさせちゃったから、いい勝負?←・・・手元に単行本がなくて、記憶に頼ってマス・・・。)

炊飯器抱えてごはん一気食い・・・今更ですが、胃薬いらずダネェ、神楽・・・。

銀さんは何でだか、冷やし中華作っちゃうわ・材料の分量とか言わないし、木刀で玉ねぎみじん切り(木っ端みじん」と「みじん切り」は違うって!気合があっても限界はあるっつーの!!)にするし・・・。


お妙さん、こんな事もあろうかと完成品を出してきた、が・・・・・・。

スマイル¥0なお妙さんとは対照的に、固まる3人。





まーさーに、

・・・何の化合物ですか?!状態・・・。




次回。
・・・白い巨獣VS偽オバQ?!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

危険な料理(銀魂・14話) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる