朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 新妻さんMAその2。

<<   作成日時 : 2006/12/24 18:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・前回、新妻さんと書いておきながら、まったく触れずに嘘つき状態でスミマセンでした・・・。
お恥ずかしいことに・・・過去、Wキャスト作品を観た時ほどに違いに気付かなかった私って・・・。

気持ち、笹本さんほど怒りや恨みを前に出さない・・・という感じ??
あえて「ここが違うかな〜」と思ったのが、2幕、国王一家の小間使いになってる時、

・笹本さんマルグリットは手紙を書く王妃を後ろでず〜〜〜〜〜っと睨んでた
・・・のが、
・新妻さんマルグリット、見てはいたけど、途中で隣の王女の方を向いてた(ただ、王女を気遣う・・・とまではいかなかったカナ?もっと後になって、子ども達を気遣ってたけど)

まぁ、前回観たのが11月半ば、約ひと月開いたので、笹本さんも変化があったかも・・・。


さて、他に気付いた所など・・・。

・1幕と2幕、冒頭の音楽、同じだった・・・。

・シャンパンをマルグリットにかけてご満悦(・・・)の王妃、後ろでカタイ表情(凍りついたような眼差し)のフェルセン伯が・・・コワカッタ・・・。

後で「王妃の名において・・・」と、アントワネットの行為をフォローしてた・・・よっぽど気になってたんだねぇ・・・。

・前回観た時はそうでもなかったのに・・・アニエスとマルグリットの再会後歌う「流れ星のかなたに」・・・。
・・・泣いちゃったよ!!
(周りでも、涙ぐむお客さんが・・・。)

・娼館で、マルグリットを操っているような手付きをしたり、隙間からひょこっと乗り出すようにしてたのが、おちゃめなカリオストロ・・・。

・謁見の際、客席を見て「・・・いっぱい・・・」と笑顔の陛下。

・首飾り事件が国王夫妻にばれる前、カリオストロは上手階段近くで、最前列のお客様をちょっとイジッていた・・・。いいなぁ、前のお客さん。


・オルレアン公は、2幕、前髪をおろしています。

・フェルセン、ラブレターではなかったと知った時・・・四つんばいは今回無かったですが、搾り出すような呻きが長くて・・・圧倒されますた・・・。

・初めて、二人のMAが歌う「流れ星の〜」、この時、国王は王女をお姫様だっこしてますが、メロディーにあわせて、起こさない程度にゆらゆらしてるんです・・・。いいパパだ・・・。

マリー・テレーズ、台詞はあまりないのですが、パパと頬をすりすりする時の二人の笑顔がかわいい(その分、哀しい・・・)。


・・・くぅ、またも長くなったので、つづく・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

新妻さんMAその2。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる