朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 笹本さんMA凱旋〜

<<   作成日時 : 2007/05/06 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
凱旋公演、観て参りますた。
久々の観劇・笹本玲奈さんのマルグリット、そして初めて観る鈴木さんオルレアン公、今さんフェルセン伯でした。
(あっ、マリー・テレーズ子役ちゃんも、私はお初でしたわ。)

で、今日のお昼は公演後に涼風さん・笹本さん・指揮の塩田さんによるトークショーもあり・・・これは劇場に着いて初めて知ったので、ラッキーでした。


・・・感想、行きます〜(例によって、見落とし・ド忘れ・勘違い等もあります。ご容赦のほど)。

後のトークショーで、10回以上観劇してる方も多くいらっしゃるようですが、これが初演から3回目の私めには、細かい変更点は・・・あったけど、まぁ覚えてるとこだけ・・・。
(・・・わしだって、都内在住でお金があったら、通いたかったさー!!)

鈴木オルレアン公。
前任者がクド〜〜く演じて印象的だったこの役を、ジェントルマンな鈴木綜馬さんがどう表現されるのか、写真だけでは予測不可でしたが・・・。

メイクも高嶋兄とは違う工夫を凝らして(眉なし・唇の両端のメイク、あまり瞬きしない?目を見開いて)「イッチャッてる」感を出してますた。
パレ・ロワイヤルの時の顔・・・ドーナツ作りに失敗?!
2幕はロングのカーリーヘアに・・・。

歌も、オーストリア皇帝のイメージが強かったのですけど(一応私、01年にジャベール、他、「チャーリー・ガール」も観てますが)、元から上手い上に力強い歌声、圧倒されますた。

個人的に残念だったのが、ボーマルシェにお金を渡す時・・・、あっ、これは公爵のせいじゃないか。
でも一応、06年はお金を渡されたボーマルシェが「国家への反逆・・・」と言った時、睨まれて後ずさりするのが好きだったんだけど、今回は公爵が舞台中央で正面向いて歌って、そのまま後ろにいるボーマルシェに放り投げる・・・という形でした。

ま、これはこれで面白かったですが・・・。
あそうそう、この時公爵が歌(私こそがふさわしい)の最後のシャウト、かなり気合入れてて、塩田さんも凄くて、右手が大車輪状態・・・。

なかなか納まらないので(私はウケたけど)、ちょっと引いてるボーマルシェがからかってたよーな・・・。
(意地になってます、とか言ってたカナ?)

恒例の?「首飾り事件」説明前のボーマルシェのぼやき?コーナーは健在。

「えぇ、連休なのに雨で・・・ざまあみろって感じですか?・・・、まぁ私フランス人なので関係ないんですけど・・・(苦笑)」
「(塩田さんに、指揮振るのが)早くなってませんか?え、こっちが遅い??」(↑←大意)

ラ・モット夫人がロアン大司教に甘える所では「トレビアン」と言ってますた。


今さんフェルセン伯。
「AKURO」での怖いイメージから一変、歌もさることながら、仕草の中に大人の色気とか、余裕を感じましたね。
「気球が、行ってしまいました・・・」と言った時、ここの寂しい、どこか呆然としたような笑顔が・・・。

「なぜあなたは王妃なのか」を歌う前の呻き・・・痛々しい・・・。

(長くなるので一旦、まる)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

笹本さんMA凱旋〜 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる