朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球へ・・・(5〜9話)

<<   作成日時 : 2007/06/05 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・5話・・・ジョミーのパワーは凄くなってるけど、出来ない事・限界もあったり、ソルジャー・ブルーに相談したり・・・。

6話。
キース・アニアン登場。
ジョミーのクラスメイト(成人検査を受けても、全部すっぱり忘れるわけじゃないのね)と協力して、想定外のアクシデントにも対応、新入生らを無事、救出。
一方、選民意識肥大気味のエリート連中と、この先ひと悶着ありそうな・・・。
(今回の緊急事態は、どこかキースへの「テスト」も兼ねていた?と思うと・・・恐ろしい・・・。)

7話。
ちっちゃい頃はかわいかったのに・・・嫌味全開。成績はいいけど、何かとキースと張り合うシロエ。
スウェナは、恋愛→結婚を機に、降りることを決意。どうやら、キースを意識していたようだが、キースは全く気付かず・・・。

滅多にこない筈の娯楽施設で、またもシロエ、キースと対抗。
しかし、勝負は負けて・・・。

8話。
キースやサムの訓練中、ジョミーのメッセージが。
再び、キースの冷静な判断で仲間や教官たちを救うが、サムはかつての幼なじみを思い出し、落ち着いていられなくなる。
・・・が翌日、訓練はなかったことになっており、また前日授業を休んだシロエ(ハッキングしたせい)のことも、キース以外、皆の記憶から抜け落ちて・・・。

9話。
からくも脱出したシロエ。
しかしキースに助けられたにもかかわらず、突っかかるような態度。
追跡隊がやってきて、シロエを無理やり連れて行く・・・。

シロエがいうには、彼の調査では、キースは皆が受けるはずの成人検査を、受けていないらしいが・・・。

またも、ジョミーからのメッセージが来る。
呼応するかのように、シロエは戦闘機で脱走を試みる。

幼い日の記憶を失くしたくない一心のシロエ。キースへの反抗心も、全てはそこからだったらしい・・・が・・・・・・。

マザー・イライザを敬愛するキースは・・・最後の最後に・・・スイッチを押した。


次回・・・しばらくぶりにジョミー達が中心になるようですね。
・・・何かなぁ、口調も演技も勿論違いますが・・・どうも時期的に重なるので、どこかでキース→高杉、って思っちゃったり・・・。

でも、今更だけど・・・子安さん、演じ分けがちゃんと(キャラも違うし、失礼な言い方でごめんなさい)なさってて、驚きますです。

あと、マザー・イライザが・・・どこか、キモい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

地球へ・・・(5〜9話) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる