朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀魂 67・68話

<<   作成日時 : 2007/08/17 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・間が開いてしまい、すみませんでした・・・。
では、感想。

67話。魔破のりこ嬢のバイク、すごい色・・・。
マッハ、って書いてあるのが、何とも

銀さんとぶつかって・・・流血、怖すぎ

住所が「過並区紙井草」。あと4649っていう数字もあったり・・・。突っ込みどころがたくさんある、免許証ですた。

風を感じてないと駄目だそうですが・・・睡眠とか食事とかの時は、どうするんでしょうねぇ・・・(素朴な疑問)。

全蔵あてのギンタマン人形が台無しなのも悲惨でしたが、長谷川さん・・・。
ケーキが潰れてしまったのは確かに不運でしたが、実際無事に届いたとしても・・・ケーキ1ホール、というのも・・・。
(もしもハツさんが、やむにやまれぬ事情で長期間不在だったら、どうなっていたのか?無難に、日持ちのする物の方がいいと思うのですが。)

ところであのケーキ、やっぱり箱を開けて、ブン投げたんでしょうか?
・・・それもなぁ

爆弾かどうか確かめてる時の、深刻な顔の銀さん・・・悪いけど、面白かったダス。
からくり技師の源外・・・銀さんのバイクに、細工し放題
「押すな」って・・・押したらいかんもんばっかりじゃねーかァァァァァ!!

いいのかのりこちゃん、こんなんで・・・キミの人生。


後半は・・・。
「赤いろうそくと人魚」という童話がありますが・・・。

「赤いろうそくとさっちゃん」だと、非常に怖いということが、立証された回でした
(できれば、立証されてほしくなかった・・・。)

銀さんを看病・・・というより、遊んでいるような・・・。
危険度、高すぎ
(その前のさっちゃんの台詞、「ガンッガン」って言い方が・・・何とも

もしかしたら銀さんよりも今回、ひどい目に遭ってる?全蔵・・・。
彼が全快する日は、いつ・・・。

あれ、神楽もか・・・。長谷川さん「説明しておくから」・・・ってそれ、フォローじゃないよ、追い討ちだよもう、乙女ゴコロはズタズタざます

以前からよくないウワサの絶えなかった医師、銀さん・全蔵に目をつけ・・・。
さっちゃんがどうにか間に合って、救出、のつもりが・・・・・・・・・。

始末屋モードON!!
(さっちゃんはナース服は似合っていても職業は不適正、ということも立証された回ですた・・・。)

68話。
夏祭りの肝試し大会に命をかける?男、落(おち)さん。
彼の落ち武者スタイル・・・頭の矢は、カツラだったのねん。

マイペースかつ、肝試しにやる気の無い万事屋3人に、イライラしっ放し・・・。
「本当に怖いもの・・・それはね、人の心です」という銀さん。
いや、これ結構、怖かったけど、私・・・(落さん的にはNG、だったのね)

新八の、ヤクザのお化け・・・下っ端クラスで、組長に見えなかったのが敗因?
結局、ドラキュラ・お岩さん・オオカミ男で行くことに。

子供には同情されるし、落さんが脅かそうとしたら、今度はお妙さんや屁怒絽さんに返り討ち?!に遭うし・・・。
・・・意気消沈する落さんは、肝試ししか居場所が無いのではなく、逃げていただけだと銀さんに諭され。

・・・でも何だかんだで、逃げられたと思っていた妻が帰ってきて、二人手をつないで、会場を後にするのでした・・・。

(窓際に追い込まれた時、何故髪型を変えなかったのか気になった・・・。あと、落さんの家族構成が違ってたり、神楽の「落だからネ、名前が落だからネ」の意味も変わってたり・・・。)

次回。
「世にも奇妙な物語のテーマソングは、○○○をすると、怖くない」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

銀魂 67・68話 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる