朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS マリア様がみてる・薔薇の花かんむり

<<   作成日時 : 2007/10/29 23:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

表紙のイラストから、花かんむりをホントに祥子さま・祐巳が瞳子にあげるのかと思っちゃった、単純な私・・・。
象徴、ってことですか?


ロザリオの場面は・・・読んでるこちらも、緊張しました・・・。
いろいろあったねぇ、皆の衆・・・。

三奈子さま、しばらくぶりに現れたら・・・。
自分で言うか!!ストーカーって・・・。
頼むから、大学・就職後は大人しくなってくださいよつか、大学行ったら薔薇さま方の追跡とかも卒業できるのか??



祥子さまの謎の勉強は、いったい何??
優さんも・・・教習所?それとも、人ごみ酔いの訓練??
前回の遊園地は、あのあとじーさんの意向で外出禁止令が祥子さまに発令されてしまいましたが、今回は、ダイジョウブなのかしらん・・・・・・。


そうそう、以前出てきた演劇部の部長。
典と書いて「つかさ」さん。

・・・読めない、ふりがな抜きじゃ

瞳子のこと、彼女も思っていたのは前にも描かれてましたが・・・・・・一悶着あったけど、祐巳が瞳子を信じてる、と言ったこと、一回振られていること等から、部活(演劇)面で、瞳子を輝かせて見せる、と宣言。
基本的には悪い人ではなく、さわやかな決着となりましたが・・・どこかでわかってても、やっぱ、振られるって辛い、よね・・・。

英語で「橋を焼いた」→「背水の陣」と同じような意味だそうで・・・。
あぁあ、祥子さま、引っ張らないで〜


三年生を送る会。
山百合会でのそれ、一年生達、ほんとにどこで準備できたんだろう??
聖さま、台詞こそありませんでしたが、差し入れ・・・・・・の時に、教えたのかな。

髪下ろしてる方が、瞳子はいいよなぁ・・・と思いました。
次巻以降、どうなるかな・・・。


以上、遅ればせながら感想、でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

マリア様がみてる・薔薇の花かんむり 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる