朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 08年東宝版『エリザベート(涼風・武田コンビ)』2

<<   作成日時 : 2008/11/30 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
鈴木綜馬さん。
死刑囚の母の近くまで歩み寄ったり(前、机から離れないで、「却下!」ってハンコ押してたような…)、新婚2日目、ゾフィーとぶつかるシシィに、頭を撫でたり、前ほど「マザコン皇帝」色は、薄れたような・・・。
皇帝らしい品の良さは、相変わらず(だからこそ、MAのオルレアン公の奇矯ぶりは思い出しても怖いし、ウェディング・シンガーのメタボおっさん等の引き出しがあるって、驚異である・・・)。

そうそう、もう時間が経ってるので・・・さすがに軍服の下に馬鹿Tシャツは、思い浮かびませんでした。
榎本武揚は・・・浮かんだけど。

夜のボートでの、帽子の奥で涙ぐむ目が・・・忘れられない・・・。
この後の皇帝・・・威厳を、これでもかという位、ボロボロにされるよね・・・。

ちびルド。
一幕は・・・泣きそうになったじゃんか、この〜〜・・・。

二幕、トートが消えた後、一人残るちびルドが・・・かわいそう・・・。

成人ルド・浦井さん。
実は私ははじめて(よ〜うやく!)浦井殿下なのだった・・・。
歌・お芝居とも、実力ありますね〜。

「ママも僕を、見捨てるんだね・・・」絶望的に呟くんじゃなく・・・寂しく笑う所が、(レプリークのインタビューにあった)こだわり、かな?
そんな所を、アンタそこまでやるか?!と、手酷い扱いをする、トート。

ルキーニ。
徹子の部屋にでた高嶋兄氏の人柄や普段の生活・・・いい人じゃんか!
でも、ルキーニは基本「汚いオッサン」「マダオ(『銀魂』をご存じないミュージカルファンの皆様へ、「マ」るで「ダ」めな「オ」っさん、という意味です・汗)」なので・・・。

そこまで下品じゃなくても、って言いたくなる、言動の数々だ。
ミルク売りの時、貧相〜なミルク売りを装ったり、ゾフィーの最期の場面、しんみりしてそうで実は・・・という感じ。
05年より更に、台詞・歌が流れるようになったですね〜。

ゾフィー・寿さん。
・・・カーテンコールの時の笑顔が格別!
劇中のゾフィーも、こうだったら幸せだったのにねぇ・・・。

寄る年波には勝てない、的な、老いをきちんと表現。


他、脇だと、ヘレネお姉ちゃん・南海さん。
・・・学年差でどうしても、妹に見えるのは・・・しかたないかけど、歌、上手いですね〜。

スターレイ夫人・久路あかりさん。
宙組新公・2幕のエリザベートでしたねぇ(ハイライト映像でしか、見られなかったけど)・・・。
台詞も少ない・宝塚版と違って、リヒテンシュタインから名前を言われる訳でもない、目立たないけど難役だと・・・思います。
影のように、皇后に従う役ですが・・・つい、彼女をオペラグラスで追ってしまった・・・。
病院訪問の時、ルドルフ亡き後の霊廟での表情・・・皇后の悲しみは、自分の悲しみなのだなぁ、と思いました。

重臣の一人、森田さん。
二幕、ゾフィーにみんなで怒られたり、マダム・ヴォルフの館で娼婦達に目移りしながらも翻弄される、情けない?!でも歌やお芝居はきっちりしてる、ケンペン男爵でした。

レ・ミゼのジャベールの一人だった、阿部さん。
未見でしたので、今回初めてでしたが・・・重低音が良く響く・歌の上手い方ですね〜。
貫禄・威厳がありそうで・・・やっぱり二幕、ゾフィーや娼婦に形無しの、メタボなシュヴァルツェンベルク侯爵でした。

元・ジャベールのマックス父さん、村井さん。
パパァァァァ!!昼間から何、やばいことやってんのォォォォォ?!どこみたらいいのか、分かんないよ!

でも、娘のことは心配な、パパであった・・・。



カテコは・・・4回かな?

シシィの白ドレスって・・・後ろに下がるのは大変なのですねぇ。
下がる度に、介添え人状態?!の方が。ご苦労様です〜。

武田トートは・・・手首をえらくぶんぶんさせていた・・・。

最後のカテコの時・・・トートとエリザベートだけなので・・・自分ですそを持ってた涼風さん、やっぱり大変そうでした・・・。トート、つられて自分のコートのすそ、持ってる?


指揮・塩田さん。
塩田さんにも振り付けが付いてるんですか?!って程に、今回も動きが楽しかった・・・。
立てノリ?だったり、腕を一杯広げたり、歌の終わりは拳を突き上げてます〜。でも、観てて楽しいぞ♪



・・・改めて、FSSカレンダーにあった言葉を、思い出したり・・・。
衣装に関して、やっぱ、遠くからでも、実物見ないと、きれいさが、写真や動画だけではわからないということ・・・。

生地と舞台照明のなせる業、といったらそれまでかもしれないですが・・・でも、ドレスの美しさは、劇場でみないと、わかりませんねぇ・・・。

今回のエリザベートの白ドレス・・・一路さんの着てたのほど、光らないのかな?と実は思ってましたが、細工は違うけど、キラキラしてたので・・・。

そして、ハンガリー戴冠式の青いドレス。
両肩のリボン・・・宝塚版のが、改めてデカイことに、気付かされた・・・。


次回は、朝海さん・山口さん・石川さんダス。
こちらも楽しみだ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

08年東宝版『エリザベート(涼風・武田コンビ)』2 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる