朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀魂142・143・144話

<<   作成日時 : 2009/02/22 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

142話。
・・・阿伏兎の中の人の演技が・・・半端なかったです!!
こっ、こわーい!!!(ごめんなさい、誉め言葉です・・・マジで)

昔、ごはん50杯食べる生体兵器役演じられた時も、スゴイと思いましたけど(いや、それ以外にも名演は数知れず、ですが)・・・。
原作とは台詞は変わってないハズなのに、この独特の存在感、飄々とした感じ、皮肉屋なとことか・・・。


夜兎の本能が出てしまった神楽。
・・・ホラーアニメ?!と思ってしまう位、やばかった(先日のロボットアニメでも、なんか壊れ気味・・・って、それは中の人つながり・・・)。

それを必死で止めようとする、新八。
・・・ともすると、阿伏兎一食で染まりそうな中、こちらも負けていなかった、中の方に拍手。
ハードな展開が続いてるので、神楽のいろんな表情が浮かんだ場面は・・・ホッとしましたです。

143話。

・・・あぁ、原作コミックで晴太と日輪の対面は・・・だーだー泣いたよ、このヤロー!!
(一人だったからね。周りにいたら、泣くのを見られたくないから・・・。)

・・・見てるのが一人でも・・・泣くのは堪えた、わし。

アニメだと、鳳仙の圧倒的な強さを・・・見てるこっちも、息つく暇が無い、というか・「骨が軋む」ような感覚が・・・伝わってきますね・・・。

・・・連載時にもちょこっと書きましたが・・・。


どれだけ鳳仙が強大な力の持ち主でも・・・。
日輪に対してやってることは「ちっちゃい・汚い」ことに、どうして気が付かないのだろうか・・・??


144話。

鳳仙をこのままでは倒すのが難しいと判断した日輪は、晴太を逃し・・・。
管制室へと急ぐ晴太のもとに、神楽と新八、合流。

瀕死の銀さん・・・驚異の(いやでも、重傷だけど・汗)生命力。

月詠さん達も合流。
・・・あ、上の回でもあった「それ、お子様アニメタイムで言っちゃって良かったんですか?!」的な台詞が・・・OKだったことに驚いた。

しかし、月詠さんの煙管の銘柄は・・・英語圏では・・・キツイと思われ(汗)。


本編と予告の前に、地デジ放送に切り替えの注意とお知らせが。

・・・この時は・・・2011年までやってないよね、うん(泣)・・・としんみり・・・。








してたのに。



し〜て〜た〜の〜にぃ〜・・・・・・!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

銀魂142・143・144話 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる