朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと見た「ブリガドーン」

<<   作成日時 : 2009/10/04 02:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

懺悔します…。
数年前にBSで放送録画しといて(先々月?)、やっと見終わりました………。

実は、冒頭見た後・・・流れというか、テンポについていけなくて・・・。
自分、すみません、正直………眠気が……。

ミュージカルとはいえ、さすがに私、何でもOKという人間じゃないもので(汗)。

そもそも、この作品を最っっ初に知ったのって、約10年前、某歌劇団☆組(東京公演)のウィーンミュージカルを観た時、パンフで座談会が収録されてて、評論家の方が、

「この作品の前に☆組で上演された海外ミュージカルは、『ブリガドーン』でした」
(↑→大意。つまり、☆組は「19世紀末中欧が舞台のミュージカル」をやる前は、『ブリガドーン』以後、30年位?大劇場公演では海外ミュージカルがご無沙汰状態、だったらしい)

・・・て訳で、作品の題名だけなら97年に知ってたんですが、00年、このミュージカルから着想を得た某アニメ(って、そっちのアニメの題に入ってますが・汗)に、はまって・・・。

ただ、なかなか映画版を見る機会に恵まれず(DVDは出ていたものの、近所のレンタル店になかったし・・・再生機器はPCしか、長らく持ってなかったので)・・・。

一方、ミュージカル全集的な本の中とか、扱いはどこか地味だったり、あまり再演とかの話も聞かない・・・。

何でかなぁ?と思ってましたが・・・。






見てて思ったのが・・・これは、主演の人達のファン、もしくは、古き良き往年のミュージカルが大好き!な方には、たまらない作品かと。


途中、デュエットダンスとか出てきますが、「あ〜、これは某劇団のトップコンビで観たいなぁ〜」と感じる位、逆に言うなら、日本人男性には、こういう場面、難しそ〜な・・・。

正直ダンスに疎い私でも、この人が上手いのが分かります・・・。

デュエットの他、タップダンスもすごいし・・・。
テーブルの上でタップを踏んだ人なら知ってても、不安定で狭い・細い石塀の上でタップ踏むなんて、どんだけ上級者?!

涼しい顔して踊ってるけど・・・う〜む・・・。

あとは、劇中の結婚式(黄昏時どころか、夜中?!の結婚式だ)。
本物のスコテッィシュの結婚式も、ああなのかしら・・・。凝った作り、で、印象に残るシーンです。


さて、伝説の村、ブリガドーンは100年に(って、煉獄じゃないからね)一度しか現われない、それは村人を守る為・そして村人達にとっては、一日イコール100年後でもあったりする・・・。

霧の中から、ぐーぜん村を見つけた「闖入者」の現代人のアメリカ男性二人は、一時は村を離れるのだが・・・。


恋に落ちた村娘のことが忘れられない主人公は・・・もう存在しないかもしれない「ブリガドーン」に行きたくて、スコットランド行きの飛行機に。


・・・ラストは・・・。

えーと、結果的に放置となってしまった主人公のニューヨークの婚約者や、バーのツケが溜まっちゃった主人公の友人は、今更どうしましょう・・・とか、自分がノれない理由の一つは、牧歌的なのもなんだけど、おとぎ話の一方で、主人公がオッサン、なのが敗因かしら・・・。


再演とかあまり聞かないのは、ストーリーは悪くないけど、もしやるなら・・・

相〜当〜〜設定とか、いろいろ練り直さないと、苦しそう・・・。

・・・すいませんね、ミュージカルでも、「トンガッた」のが好きなタイプなんで・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

やっと見た「ブリガドーン」 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる