朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ハプスブルク家のみなさんのおかげでした(展覧会特番)

<<   作成日時 : 2009/10/18 23:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・まだ見にいけてないのですが、展覧会会期中にあわせた特番。
マリア・テレジアとエリザベート、あいだにちょこっと、マルガリータ・テレサを紹介してました。
・・・一時間番組なので、でもまあ、いく時の予行練習にはなるかな。

しかし・・・紹介者?のなかに、某歌劇団のトップさんがいるとは驚き。
ハプスブルク家関連の演目(ベルばらでもエリザベートでもなく)を来年上演するから、のようですが・・・これは知らなかったので、驚きでした。

(個人的には、その演目の原作者が最近書いた、エリザベートの本、読みたい・・・。つか、漫画家マリナシリーズは???)


エリザベートの末裔の方が二人出てらして、末娘マリー・ヴァレリーと、皇太子ルドルフの子孫にあたる男性(前者が、カイザー・ヴィラ管理、後者がゲデレー城管理?)でした。
ルドルフの子孫にあたる方いわく、

「ジョルジュという名前の前に、ハプスブルクという名前をしょっていることの方が先に来る」
そして、同家の末裔は300人近くいるのだそうですが、みな、重く感じているとのこと(大意)。

むーん・・・・・・。

ところで、ゲデレーとグドルー、読みはどっちが本当?
(ちょっと前の世界ふしぎ発見では、グドルーって言ってたような・・・。)


スペインのマルガリータ王女の、弟王子の絵も展示されますが・・・身に着けていた鈴は、魔除けの意味があったという・・・。


某先生の3人の同家ゆかりの女性達の絵・・・。

先生・・・、シシィの髪は、前に持ってこれないと思います・・・。
自分は、女帝の若い頃のイラストが好きかな(しかし、あの肖像画は、一目見ただけで「頭良さそう」と思わせる・・・。)

うぅう・・・。


ところで、この展覧会とは別に、もう一つ、ハプスブルク家関連の展覧会があるんですよね。
そちらの方は最近知ったので・・・。


こーれーは、どっちも行くほかないっしょ・・・!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

ハプスブルク家のみなさんのおかげでした(展覧会特番) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる