朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ・・・毎度遅れてすみません(汗)龍馬伝・23話

<<   作成日時 : 2010/06/13 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「極楽浄土」って・・・ここはまだしがん(此岸←ケータイから下書きしたら、漢字が出ませんでした)だよ、弥太郎!!(by「聖☆おにいさん」ネタ)
…いやまぁ、子供が生まれたのが嬉しかったのは分かるけどね…。

武市さんのやったこと…牢番さんや勤王党にいた人には、それなりに影響を与えた訳で。
奥さんへの手紙では、ひたすら相手を思いやる武市さん、しかし、捕えられた以蔵と思わぬ「再会」を果たしつつも、後藤の厳しい尋問が・・・。

一方、おりょうさん。
恐そうな攘夷派をそれとなくかわしつつ、この前会った龍馬のことが印象的だった模様。

神戸で訓練に勤しむ勝塾の面々。
それでも、さっきのように、捕まった武市さんのことが気掛かりな男が。
・・・心配なのは龍馬も同じ、しかし…。

冒頭で祝言を挙げた長次郎は、男に奥さんのことまで文句を言われた為、素っ気ない態度。
あと、陸奥もましたが・・・こっちも正直すぎるな〜、と思ってたら、脱藩してたという・・・。
ただの口さがない兄さんじゃ、なかったのね。

一人として欠けたら、日本という船を動かす事は出来ない、と言い、龍馬は京都に捜しに行ったけど、虫の息…。

どうやら・・新撰組の仕業?!




次回、おりょうさんと龍馬、どーなる?
母上のそっくりさんも登場??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

・・・毎度遅れてすみません(汗)龍馬伝・23話 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる