朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝・33、34話

<<   作成日時 : 2010/09/19 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・録画は毎週してますが、「はいびじょん」が視聴・録画可能になったので、でも見るのが遅くなるのを打開したい・・・。

で。
33話。
グラバーさんや、お元さんとか、内容は違うけどそれぞれ「取引」の話でした。
どっちも、ギリギリの攻防というか・・・。

お金や規模、種類は違いましたけど・・・。

どっちも、真剣。

34話。
実は、この話を見る前「龍馬におまかせ!」再放送を、CSで見る機会がありました(お試し期間過ぎちゃったので、今は視聴できるCS番組は、ごく限られてますが・・・)。

最終回だったのですが、そこで、長次郎が亡くなる、と初めて知ったので・・・。

話は戻って、大河。
薩長同盟はまとまりつつあったのに、細部を詰める段階で、亀山社中としては船は使えない?!事態になってしまい、話が違うと、長次郎は不満。
龍馬は、桂が長州の者達と板ばさみ状態で苦しんでいるのを高杉から聞いて、それとなく譲歩したのだが、納得行かない・・・。

長崎に帰って、仲間達から非難され、仲たがいになった長次郎は・・・。

英国行きを試みたものの、密航が露見。

長崎に帰る時、気落ちした長次郎に、女とうまい酒を飲もう、と約束していた龍馬。
密航の責任を、「侍」としてけじめをつけた、長次郎。

一足遅かった龍馬は・・・お元さんを呼び、哀しい形で、「約束」を果たす・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

龍馬伝・33、34話 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる