朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 山崎くんヴォルフ「M!」感想・つづき

<<   作成日時 : 2011/01/01 20:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
毎回書いてますが、タイムテーブルは各自、要確認、ピンポンパンポン♪

タータンさんの、ヴァルトシュテッテン男爵夫人(・・・書いて見ると、確かに、名前長いから、キャスト表で省かれるのは、仕方ないか・・・)。
観劇前、某BSで男役時代のをみる機会があり(「花の業平・しのぶの乱れ」。東京公演で、基経ではなく主人公の業平が香寿さん、高子が渚あきさん、のバージョン)・・・フシギな感じがしました。

「星から〜」のラスト「♪旅に出る」の歌い方、5年前に聴いたのと違ってて

「旅にーー出〜る〜〜〜」←05年
「旅にぃ〜い〜出ーる〜〜」←10年
   ↑ 
  この辺で、一旦上がるのが、印象的。

・・・お分かりでしょうか・・・。

2幕でも少し、リプライズで歌いますが「大人になるということは、倒れたあとも立ち上がること(うろ覚え)」・・・。
身につまされるっというか、胸に迫る歌詞でございます(汗)。

どのドレスも、ゴージャスでキレイでごわす。

コロレド大司教。
・・・パンフによれば、史実の大司教は、折からの財政難もあって、倹約家・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
??

派手なオッサンにしか見えねェェェェェ!!
普段、どこに収納してるんですかって位、でかい服を着ていて、しかも、ギンギラギンにさりげなく・・・女好きー・・・って、聖職者の自覚あるのか?!

考えたら、「エリザベート」「M!」「MA」といい・・・。
ク、クンツェさんんんんん!!
大司教と名のつくオッサン達、みんな権力持ってる割に、異性関係で後ろ暗いとこが共通してるのは、何故なんですかァァァァァァァァァァ?!
(ラウシャーとかロアンとか、そうだったでしょ?)

もっとも、バレてもコロレドは、開き直ってますが(それとも、国や時代は違うけど、チェーザレ・ボルジアのおとーさんみたく、愛人がいて子供作っても、正式に結婚してなきゃ、昔はギリギリOK、とか?)・・・ナゾだ・・・。

・・・なんか・・・モーツァルトの才能はこの上なく素晴らしいのが分かってるのに、なんでそんな邪魔したりするのか・・・。

・・・ツンデレ大司教・・・?
のーみそコレクターだったり意外とおなかが弱かったり、こんなんに仕えていて、アルコ伯爵は果たして、楽しいのであろうか・・・。

(ところで、何で男爵夫人は、コロレド、って呼び捨てOKなんだろう。)

レオポルト父さん。
あなたが愛してるのは才能だけ!と、コンスタンツェはヴォルフに突っ込むけど、それを言うなら、パパもじゅーぶん、「天才を育てた、自分」を愛してる、と、言えるのでは・・・。

続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

山崎くんヴォルフ「M!」感想・つづき 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる