朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたは誰?私はここにいる を、読んで

<<   作成日時 : 2012/01/23 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アートつながりで。
昨年買って、読んだけど、感想書くのが遅れましたです。

姜さんの本は、これ以外にも読みましたが、そっちはまた、後で・・・。

絵だけでなく、陶芸にも触れてあります。

日曜美術館司会時代のこぼれ話?もちょこっとあったり・・・。

正直、抽象画の話にはついていけなかった・・・。
へなちょこですみません・・・。

でも、陶芸(朝鮮白磁や、沈寿官。ほか、ルーシー・リーなど)に関しては初めて知った逸話とか、作者の話も多いですが、そこは、読んでて興味が湧きましたし、今度、その手の展覧会があったら見てみようかな・・・と。

スタンダードに知られてる絵画もあれば、そうでない作品もあったり・・・。

姜さんの推測とか感想とか、分かり易く、あるいは独自の視点から語られていたり。

惜しいのは・・・

紹介されてる作品が、みんな白黒。


これは・・・残念の一言に尽きます・・・。

あと、紹介されてる作品、全部写真がある訳ではないので、そこも・・・。



印象に残ったのは、ベラスケス(これはまぁ、私が好きだから。放送も見てたし)の項、「死と再生」「祈りの形」。
「浄土的なるもの」の、ミレーの春、についての考察も、なかなか・・・。

自分で作品集なり、本物を見る機会を増やそう、という意図もあるかもしれないですが、作品がカラーで全部紹介されてたら、多少、高くてもOKかも・・・。

その辺は分かれますが、この本をきっかけに興味がわいたところもあったので、・・・いかかでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

あなたは誰?私はここにいる を、読んで 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる