朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS バルビエ&ラブルール展

<<   作成日時 : 2012/05/06 23:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
ぶらぶら美術館、恐ろしい子…(笑)!
放送で興味を持って、金曜日、見てきました、練馬美術館。

テレビでバルビエ、ラブルール両氏を初めて知ったのですが、とてもおしゃれなバルビエのイラストに、驚きつつも、興味が湧いてきました。
正直、見たい展覧会は他にもあったのですが、いろいろあって、練馬。

・・・練馬に行くのも初めてでした。
西武線乗ったのも、初めてかも・・・初尽くしですな〜・・・。
メーテル電車は、ネットでしか知らなかったので、実物にこれまたびっくり!

(時間があったら、石神井方面に足を延ばしたかった・・・。)

え〜、きりがないので、展覧会。

バルビエについて、もし知らなくても、
・宝塚や、ベルサイユのばらが好き!
・古代エジプト、ギリシャが好き!
・ファッションが好き!
・ニジンスキーが好き!

・・・な方々には、たまらないかと思われます。

お耽美だったり、モードだったり、ロココだったり。

服を着てないイラストも多いのですが、多くは神々だったり妖精だったりもするせいか、お下品な印象は少ないです。
人物画が主ですが、動物もかわいいですよ。

あー、細部を見たいせいか、ルーペ持参の方も多かったです。
絵のサイズ自体が大きくないので、もっと見たい、という方は、どうでしょう。

ところで、自分は「危険な関係」は、宝塚の「仮面のロマネスク」で初めて知った方なので、図録を買って、バルビエが描いた「危険な〜」のイラストを見て、改めて原作とラストが違うことに気付いたのでした。
(原作、未読なので・・・)
でも、ヴァルモンは、ヅカ版のほうがいいかな〜。

いや、バルビエのロココイラストも、美麗ですけどね(←どっちやねん!笑)。

図録は高いですが、今回は買いました〜。

一方、ラブルール。
どうしても、個人的にバルビエがツボなのですが・・・。
昆虫や魚が好き!という方にはおすすめ。

人物画は・・・シャープな線で、表情は簡略化。
版画は逆に、線が太いかな。


知名度が低く、また、バルビエに関しては、今も不明な点が多い(死因とか、遺族のこととか)ようですが・・・。

個人的に、19〜20世紀の変わり目、といと、どうしても興味が、オーストリア・ハンガリー方面に行ってしまっていたのですが(次点で、印象派の画家の時代)、今見ても古くない(レトロなデザインでも、美しくて品がある)バルビエのモードのイラストは、もっと知られてもいいのでは、と思いました。

今回の展示の多くは、鹿島茂先生のコレクションなのだそうですが、借金して集めたお気持ちがわかったような・・・。

来月3日までなので、興味がある方は是非、練馬へ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

バルビエ&ラブルール展 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる