朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日、PCの電源消してから思い出した(汗)

<<   作成日時 : 2012/06/19 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・しつこく、東宝エリザ 2012、6・17(昼)観劇の感想です。
マテさんの動きとか、後になって思い出したっていう・・・。

では。

プロローグの、ゴンドラに乗って、黄泉の帝王登場場面。
正面向いてた・・・。
(横向いて座るトート、が、定番だった気がしたので。)

最後通告の時、シシィの机に座ってるトート。
羽ペンで・・・机を掃除?!(←違)。

2幕、お抱え医師にあるまじき(いやまぁ、偽ドクターですが)、シシィを触ろうとしてる?!
脈見てないよね、微妙に肩とか腕とか、なでるっつーか、触ろうとしてるよね!!

ルドルフたきつけて、ハンガリー独立運動・・・の、カフェでの話し合いの時。


先生!!トート君が、あろうことかテーブルに腰かけて、椅子に足を掛けて新聞?読んでます!
独立とか、どーでもいいと思ってます!
独立ナメテマス!人生なめてます!!
ズルいです!!


この時点で、「オイ、あいつあやしくね?革命ヤバくね??」って、誰か一人でも計画を考え直さなかったのが、敗因では?(←違)。

でも、そのポーズが、サマになってて、それもズルいです(笑)。
マテ・・・恐ろしい子(笑)!!

余談ですが、ミュージカル誌5・6月号のインタビューで、マテさんが答えてる中、
「ヨーロッパには、『死には1000の顔がある』と言われていて〜」
のくだり・・・。

ガラスの仮面の、千の仮面を持つ云々、を連想したのは、私だけでは無い筈だ・・・。

話は戻って。

ラスト。
シシィを抱えて、棺へ。
(これ、棺には立たせて入れるので、こうしないトートさんもいるみたいですが。・・・面倒でも、このやり方の方が、夢があっていいな、個人的には・・・。)

カーテンコール。

皇帝陛下は、お辞儀の時も皇帝だ。

・・・でも、振り返る時、身を翻す動きやら、その背中は、いたずらっぽくて、テンション高めなのがわかる・・・。
観てて楽しい。一瞬の出来事ですが、ツボです♪


何度目かのカテコの後、主演2人。
拍手を制するのが、黄泉の帝王はお気に召したご様子でした。

緞帳が降りる前、エリザベートの手の甲に口づけする閣下。

向こうの人は、こういうのが、ホントーに、絵になります・・・☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

昨日、PCの電源消してから思い出した(汗) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる