朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 東宝エリザベート2012 6月24日・昼 2

<<   作成日時 : 2012/06/26 20:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
春野さんエリザ、石丸さんトートでした。(写真は劇場一階)。

ハンガリー訪問の後、長女が亡くなった後のトートの歌の場面、こんな長かったっけ、と、余韻を感じたり。

最後通告の時、皇帝を追い出した後(汗)、石丸トートは机の上に座っているのね。片足曲げて・・・。羽ペンいじって・・・捨てたよ、この人!
机の上のロウソクのあかり、トートがいると、青になるんですねー!細かいな!!

一幕最後、階段の上から出てくるエリザベート・・・

・・・の後ろの部屋の奥に、トートがスタンバってるんですねェ!!
初めて知った・・・いや、考えたらこの位置にいるのはとーぜんですが。
こういう時、2階席っていいな☆


2幕。

ハンガリー革命家たち、エルマーは老けると、アゴひげが生えるのね・・・。
17日に気になってたけど、今回もそうだったから・・・。
「♪我らを 導け エーヤン エーヤン エリーザーベート♪」←これ、繰り返しなのね・・・。
我らを救いし、が先に来るんでないの??と不思議だったのですが・・・。

これ、近い将来、ヅカで再演になったら、歌詞はこの部分、どーなるのだろう???

他のトートさんは見逃しましたが、「私が踊る時」、馭者(ぎょしゃ)→トートになる時、上着を勢いよく投げ捨てていた・・・。あれ、「一人でも〜♪」って、最初にシシィが歌う時なんですね。

春野シシィのCD、欲しいなぁ・・・。
一路さん以外のエリザのCD、まだ出てないんですよね・・・。いつ???

ちびルド、彼が持つと銃がでっかく見える。
トーとはここでも(銃口から出てきたハプスブルク家の紋章の旗)、捨てている・・・。

いきなりだけど、今回のパンフ、「愛と死の輪舞」「私が踊る時」「僕はママの鏡だから」の歌詞、載ってない!!
そ・・・そんなッ。初観劇の方に不親切でないかい??

精神病院〜魂の自由。
17日の時も思ったのですが、ここの場面、今年のシシィはなんか、前半、態度がエラそうだなぁ、と思ったのですが・・・。
24日に観て感じたのは、上から目線的な態度なのは、「魂の自由」の、
♪ああ 私に できることは 強い皇后を 演じる ことだけ♪
・・・を、強調するためなのかな?と思いました。

あくまでも「演じて」いる「だけ」、だから一見冷たそうに見える、と・・・。
個人的には、「ひざまずくのは、あなたよ」の台詞、ヴィンディッシュ嬢に寄り添うような言い方の方が、好きです。
(一路さんの時も、これ、年によって言い方が違ったのを思い出します。)

ゼーブルガー先生VSシシィ。
・・・ジジ臭い医者、って感じにしたのね閣下・・・。

内野トートや城田トートがよぼよぼ杖ついてたのを思い出した・・・。
石丸トートは、杖まではいらないけど、腰がちょっと曲がってます。

マテトートもそうだったかな、今迄は「どうなさった」だったのが→「どうなさいました?」。

面白いのが、お医者様は、フランス病と診断した後、シシィと会話するたび、背筋が伸びて、口調も若くなる(笑)

いつのまにか、トートに戻ったら、長椅子に横たわってないかい?!片足曲げて。

コルフ島。
ハインリヒ・ハイネ♪と歌う時のシシィは、心から嬉しそうな顔だった・・・。
後の、ハイネの銅像作る、と別の人が歌う時、納得できる・・・そんな、嬉しそーな顔されたら。
あさこさんのシシィの笑顔の理由とは、また、違うのね。

皇太子。
・・・もっとがんばりま賞・・・・・・。
演技は、悪くない・・・と僕は思いました。

独立運動。
ダメだ!ツェップスが撃たれる場面、笑いをこらえるのが・・・(失礼)。

あー、その前にどっかのカフェでみんなでミーティングの場面。
・・・何ですか、「今年のトート閣下はみんな、テーブルの上に座りましょう」という、お行儀の悪い黄泉の帝王で行くみたいな「お約束」でもあるんですか???

石丸トートは客席に背を向けて、テーブルの上に座っていた・・・。
だれか、注意しないのか?!

葬儀の後、ルドルフの棺から出てくるトート・・・あれ、せり出すような装置だったのですね。
痛くなさそうな、マットみたいなのが付いていて・・・。
初めて気づいたよーん。

夜のボート。
皇帝と会話し始めの時は、笑顔の皇后。
・・・でも、心はやっぱり、すれ違いなのね・・・。

続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

東宝エリザベート2012 6月24日・昼 2 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる