朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 40周年記念 ベルサイユのばら展(松屋銀座)

<<   作成日時 : 2012/09/16 21:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

昨日の観劇後。
日比谷から銀座へ。

・・・混んでた。
何か毎回、これ言ってる気がする・・・。

ベルばらの宝塚の衣装は、前にも別の展覧会で、目にしたことはあるんですが。

今回は、原作原稿、連載、カラーイラスト、過去に販売されたグッズ、ヅカ版のポスター、シャンシャンに、公演で使われたバイオリンや馬車まで!

ヅカ版の映像、最近の星組公演のダイジェストだったようで。
わたるさんフェルゼン、となみちゃんのアントワネットでした。
(自分は、2001年の星組で、ノルさんのオスカル&わたるさんのアンドレを観た方なので・・・。あとになって、ああ、わたるさんがフェルゼンだ、みたいな。)

個人的には、和央さん&花總さんの宙組公演のフェルゼン篇が好きでした。


で、アニメの方も、設定資料やセル画(自分のお目当ては、これといっても過言ではない)。
出崎アニメお約束の、ハーモニー処理されたイラストは、ずっと以前、手塚治虫関連の展覧会で、見た事はありましたが(その時は、ブラック・ジャック)、ベルばらは初めて。

圧倒的に、原作の連載原稿の展示が多かったので、アニメは少ないですが・・・。
アニメで、オスカルの肖像画を、もう目がほとんど見えないアンドレが、見えるふりをして、絵を語る場面がありましたね。

その、ホントの肖像画と、アンドレが想像した絵と、どちらの場面もありました。

あと、えーーーーーーー・・・・・・。


服を着てない、オスカルとアンドレの、セル画もあったり。

エンディングの、一枚絵もありました。
想像より、小さい・・・けど、実際目にすると、大きい(どっちやねん・笑)。



40周年といことで・・・。

ヅカ版だと、大浦みずきさんの公演写真とか(舞台は観れませんでしたが、以前、NHKのBS放送で、大浦さんのフェルゼン篇は見ましたです)、会場で流れてたアニメ版のダイジェストに、フェルゼン(声、野沢那智さん)の声が聞こえてきて・・・。

そして、アニメ版のスタッフ、荒木伸吾さん。

・・・流れた月日と、お亡くなりになられた方々のことを考えると・・・。

(ヅカ版だと、生徒さんも、お亡くなりになった方、他にもいらっしゃいますね。岸香織さんは、モンゼット夫人と侯爵の2役。これ、観てないのです〜。)


一方で、海外でも放送、出版され、そうです、展覧会場の最後には、原作者・池田理代子先生が授与された、レジオン・ドヌール勲章がありました。

数日前放送された徹子の部屋によりますと、アレ、海外でつけてると・・・フリーパスみたいです。

つくづく、向こうの、漫画・アニメ文化に対するリスペクト・・・パネェ!!

原作・ヅカ・アニメと網羅してるせいか、女性は多いですが、年齢層が幅広く(一方、若年層もいる・・・)、そして、男性もいる、という。
個人的には、ヅカ版はもうお腹いっぱいなんです(今までの演出を、ガラッとバサッと捨てるくらい、新演出で、なら観たいです)けどね・・・。

来年やるのか・・・。

今は、池田先生、声楽の傍ら、セルフパロ4コマ漫画、ベルばらKIDSを連載中だそう。
また、現在活躍中の漫画家・イラストレーター(+アニメ版オスカル、アンドレ役のお二方や、ベルばら好きの歌舞伎役者さんら)40人による、オスカルイラスト(一部、文や写真)色紙は、壮観でした〜。

個人的には、オスカルに限定せず、ベルばらキャラの誰か、の方が、面白かった気もしますが。
・・・メインの4人以外にも、ロザリーやアラン、ばあやにジェローデル、サン・ジュスト等、脇が面白いのも、名作の所以だと思うので。


自分は、図録は場所を取るので、よほどでないと買わない主義なのですが。

展示物一覧の他、中野京子さん、姫野美智さんらのインタビューは読みごたえがあるので、買いましたです。
中野さんのインタビューは、原作では書かれていない歴史的背景など細かく解説されてるので、原作でギモンだった点とか、あるいは今まで定説とさてきたこととか、知られざる逸話とか・・・読んでて、楽しかったです。

APHで、アントワネットの母・マリア・テレジアが即位した折、周辺各国での反応が描いてありましたが・・・それらを思い出しながら読んでみると、また違う面白さがあるかも。

原作者インタビューは、ベルばら構想のきっかけから、現在に至るまでのこと。
海外での大評判の一方、いつまでも漫画・アニメ大国として日本は大丈夫かどうか?危惧する先生のお答えは、ちょっと心配になったり・・・。


図録を作った方は、気合が感じられるというか・・・カバーを取った、表紙や、カバーの裏側まで、凝ったつくりです。

個人的には、アニメで入った方なので・・・。

でも、ベルばらがなかったら、東宝の「マリー・アントワネット」も、たぶん・・・無かったかと。
(あれの原作は、遠藤周作さんですが。)

そうそう、東宝MAの初演フェルセンとローアン大司教を観た後なので、生原稿で二人を見ると・・・作品違いとはいえ、ちょっと不思議な気分でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

40周年記念 ベルサイユのばら展(松屋銀座) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる