朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS メトロポリタン美術館展(東京都美術館)

<<   作成日時 : 2012/12/16 09:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

一週間、あいだが空いてしまった・・・(汗)。
荒木伸吾回顧展の後、はしごしましたです。

あ、この展覧会の割引券持ってたんですが、JR上野駅に、上野公園内の美術館・博物館のチケット売り場がありますが、割引券持ちの場合は、直接その美術館の、切符売り場でないとダメみたいです・・・。

そして・・・。

この展覧会の目玉であり、ポスターや割引券にも刷ってある、ゴッホの「糸杉」。
日本初公開・・・なのに。


ポストカードは売ってません・・・。

ミュージアムショップで、がっかりするお客さん多し・・・。
絵葉書以外なら、売っていたのかな??

ちょっと残念。

あ、ぶら美で紹介されてた、ポンポンの白クマの彫刻をかたどったアメ、あれは750円でした。
他にも、時節柄、クリスマスツリーに飾れそうなクッキーもありましたよ。
クッキーは買いました。472円ナリ。


・・・グッズの紹介が先になってしまいましたね・・・。

今回は、メトロポリタンの「西洋美術における自然」がテーマなので、絵だけでなく、古代文明の青銅品やお皿、タペストリー、ティファニーのガラス工芸品(鳥の壁掛けや、花瓶)、ごく初期の写真(最近の写真もありますが、基本はモノクロ)など、バラエティに富んでおります。

ただ、絵画は、作家ひとりに付き一点、みたいな感じなので、そこは気になるかもしれませんが、見応えはあるかと。

あ、ゴッホだけ?
一人2点でしたが、糸杉の他は、ミレーの作品の模写なので、厳密には違うかも??

レンブラントのフローラや、ゴーギャンの「水浴するタヒチの女たち」、エドワード・ホッパーの「トゥーライツの灯台」、オキーフの「骨盤U」など、ジャンルの他、時代も幅広いです。



現代アメリカを感じさせる作品も結構あるので、その点で、リヒテンシュタイン展とは違うな〜、なんて思いました。

糸杉は・・・うねうね感が印象的でした。

他の絵だと、ビアスタッドの「マーセド川、ヨセミテ渓谷」も、印象に残ったり。

来年一月4日まで・・・如何ですか、お客さん!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

メトロポリタン美術館展(東京都美術館) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる