朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS クリエちゃんウェディングドレスバージョン(ウェディングシンガー感想2)

<<   作成日時 : 2013/03/20 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
やっぱりクリエちゃんがいないとね。
(ダディ・ロング・レッグスの、初演の時には、クリエちゃんがいなかった・・・。)

クリエが5周年だから?
短期公演はやむなしとしても、今後も、クリエちゃんの立て札(正式名称がわかりません)、作って欲しいなぁ。
前にも言ったけど、菊田一夫氏の胸像の横にいるので、その落差が、なんかいいなんですな・・・。
エレベーターの隣なので、・・・て、もう公演は・・・。


感想遅くなってすみません、続き。

ロビーのおばあちゃん、ロージー。
ロビーがフラれて超・落ち込んでるのを慰め・・・るのはいいけど
「リンダ(※ロビーの元カノね)は、メ○豚〜〜〜♪」

私の頭に浮かんだのは、ドMの始末屋兼・某メガネっ娘くノ一・・・。

すっかり銀魂に毒されてるゥゥゥゥゥ。

カワイイおばあちゃんのようで、実は男性遍歴スゴ過ぎね??
そりゃあ、ロビーでなくても、耳に入れたくない・・・。
(あの、ばーちゃんの男性遍歴の人数や元彼の名前を聞かれるたび「いいから、おばあちゃん(汗)」と困惑するロビーは、笑ってしまふ・・・。)

そのおばあちゃんと仲良しな、ロビーのバンド仲間、ジョージ。
・・・なんか、メイクが濃くなってるよーな・・・。

ボーイ・ジョージが元ネタ、すっかり忘れてた・・・。
背は高いけど、中身はかわいいオネェキャラ。

あ、幕前・幕間・終演後の、バンド3人によるラジオのDJのような掛け合いは、今回も健在です。
観劇の際のご注意(ケータイの電源オフとか、コンビニの袋ガサガサ、うるさいよねーとか)とか、お手洗いの場所とか。
あと、一幕最後のフラッシュダンスのパロディについて、盛り上がる年長二人に対し、ノレなくてブルーな王子・・・。

個人的には、フラッシュダンスの映画は実はみてないけど、印象的な予告とか、「ひょうきん族」のパロディ「フレッシュダンス」で、記憶に残っていたり・・・。
あと、日本語のカバー曲もヒットしましたよね。
(て、それはむしろ「スチュワーデス物語」に行きつくという・・・。)

何かの機会で、ゆみこさん、フラッシュダンスのテーマソング、歌ってくれないかしら・・・。

話題がそれすぎたので戻る。

ロビーの元カノ、リンダ。
・・・今となっては、あの二人がどうやって恋仲になったのか、そちらの方が謎に満ちている・・・。
ヘビメタというより悪役女子プロレスラーに転職した方が、よっぽど稼げそうであーる。

ああいう濃いメイクも、どっかやっぱり、80年代ですわね・・・。
ホリーよりもっと肉食系だけど、いくら元カノとはいえ、なんでロビーの部屋に入れたのか?合鍵持ってたの??

結婚式ドタキャンしたのに、元彼の部屋に行くかねェ・・・。
おかげで、ジュリアともっとぎくしゃく・・・。

ロビーって、つくづく女性に振り回されてるよーな。

まぁ、最終的には大団円だけど。

ベガスで結婚式を挙げようとするグレンとジュリア。
(なんかこの、主人公の追跡劇、ちょっと「ニューヨークに行きたい!」とも似てるね。ウェディング〜の方が先ではあるけど。)

ベガスの名物?有名スターのそっくりサンたちとふとした事から意気投合したロビーは、ジュリアの結婚式を取りやめるべく・・・。

うーん、マジで似ていないそっくりスターたち(笑)。
ところで、これは重箱の隅だけど、「特攻野郎AチームのミスターT〜!」ってロビーは言うけど、「特攻野郎」ってのは邦題。原題は「THE A−team」。

たしか初演のパンフには、それぞれ劇中に出てくるいろんな80年代ネタの解説、載ってたんだけどな〜。
今回、若人にはどこまで通じたのか・・・。

観劇前、女性が多い劇場には、いつもと違う客層というか、男性の姿をちらほら見かけ・・・。
あぁ、たぶん高橋愛ちゃんのファンなのか〜と納得しましたが、80年代ネタ、ついていけてたのかぴら・・・。気になりました。

自分が、大阪万博とか、60年代を熱く語るトークやエッセイや、作品に、ちょっとついていけなかった思い出があるので・・・。

シンディ・ローパーは、そっくりさんて言われても、今とだいぶ違いますからね〜。

はい、感想感想。

スターのそっくりサンたちに、あと5分稼いで、というロビー。
似てないレーガン大統領夫妻の、ちょっち寒い時間稼ぎな中、ギターを弾きながら歌うのは、ジュリアへのラブソング☆

いい意味でカッコつけてない、愛の歌。

ラスト、バンドも加わっての結婚式♪
パステルピンクの服を着こなすのは、若い日本人男性でどれだけ実在するのでしょうか(※褒めてるんですYO!)。

カテコでは、ウェディングドレス姿のジュリアが、客席にブーケトス!!!
受け取ったお客様、ラッキーだ☆

(もしや、公演回数分、ブーケ用意してるの?だとしたら結構、沢山必要なのでは・・・。地方公演、残ってるし。)

ジョージが繰り返し、幸あれ〜〜☆と言うのも印象的でしたが、笑顔のまま、片手を挙げて悠然と袖に向かう、偽レーガンも以下同文(笑)。

偽レーガン、髪型からして似てない気がするけど、なりきりぶりは観てて楽しかったです。


・・・多喜二兄さんからロビーへ、今回はホント明るく・時にバカバカしく、複雑な革命やら言論統制も尾行もつかない主人公だったので、楽しかったです。

マジで今回で、この作品はファイナルなのかなぁ〜。
アンナ・カレーニナといい、残念・・・。


地方公演、観に行ける方が羨ましす☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

クリエちゃんウェディングドレスバージョン(ウェディングシンガー感想2) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる