朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて、13年NT5月号の、FSS感想。

<<   作成日時 : 2013/04/14 20:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・前回、もう一人の自分がこのブログを読んだら・・・

「小学生だって、もっとマジメに感想書くぞ・・・?」

と言う気分だろうなぁ、と僕は思いました。

・・・いや、新設定が山の如しで、次の日も仕事があったもんだから、作品にどっぷりつかって、っていうのは、無理です・・・。
ので、ああいう感想になりました。

NT5月号、売り切れが相次いだ?ことから、なんと重版かかったそうです・・・。
以前、週刊ダイヤモンドが、「ツイッター特集」組んだ号が、似たようなことがあったような・・・思い出しましたわ。

さて、本編(細かい設定や、新しくなった年表云々については、またあとで・・・)。

お腹いっぱいなんだよー、嬉しい悲鳴ではありますが、どっから感想、手を付けてよいやら、訳わかめ・・・。

ウークーツ。
以前出た、FSSカレンダーに、シルエットのみで「アシリア・セパレーツ」姿が描かれて・・・ましたが、本編で、その姿が・・・。
そして、「オートマチック・フラワーズ」って、ここで書いてあったのね・・・。

デザイン自体は出来上がってるけど、「連載本編で、アシリアを見てほしい」というのが、作者さまのご希望だったようで。

でもって、「ファティマって、こんな戦い方していいの?!」っていうのは・・・ああいうことだったのですかィ・・・。

ガット・ブロウ(←今度から、まぁ設定がイロイロ変更しまくりででしてねぇ、奥様・・・。あれこれ説明してると、何時間あっても足りないので、この前の感想で、ああ書くほかなかった、と言うのもあります。何のことか知りたいけどNT買うの迷ってるあなた、百聞は一見にしかず、ですぅ〜)って、映画「GTM」の副読本等で、

「ライフルとしても使える」
とありましたが・・・こういうことだったのね、と。
(正確には、ライフルじゃなくて、「フラクタル砲→バリアの電磁波に反応して雷を発生させる」ですが。今まで、飛び道具を使うファティマって、いなかったしなー。光剣使うとか、は、あったけど。)

そうそう、ファティマ、の呼称も、「AF→オートマチックフラワーズ」に・・・。
ファティマ、って言い方が「騎士団・軍隊においては」「AF」になった、そーで・・・。

・・・ね?
だから、買ってない方は、ご自身の目で確かめて下さいィィィィィィ。


受け入れるか否かは、ほんとに、各自で、面倒でもご判断下さい、としか言いようがないのですけど。
まぁ、そこまで私は強要しませんし・・・。

私自身、変わってしまったFSSを(だって「FSSはGTMと関係ない」、ってさんざん作者様が言ってたのに、結局、GTM、っていう題になってるんですものー!モーターヘッドの名称やらデザインやら、GTMになっちゃったしー・・・)全て受け入れるか?って聞かれたら、まぁ、即答は出来ません・・・。

ただ、わくわくしたのは本当。
こぉーんなに年表変わっちゃって、今迄のアレやコレ、今後はどーすんのー?!(汗)、っていうのはありますけど・・・。

なんていうか、初めて映画「GTM」見た時、カリギュラの手とか破裂の人形やらマークII出てきて、そのたんびに客席で度肝抜かれた、あの感覚に近い、と申しましょうか。

「ア・アレがああなるのかァァァァァ!!」っていう衝撃やらなんやらを、連載再開にあたり、再び味わった(種類は微妙に違うけど)、それは、心地よい衝撃のうちに、入るかな・・・?と。


キャラクターについて。
シュマイスが、以前敬語口調(12巻で、食事してるとことか)だったので、普通の口調・って、あんなんだったんだー、と・・・。

今回、最後に残念な騎士が目立ったんで、余計、頼もしく・すがすがしく見えた・・・。

デコース&エスト。
魔導大戦初期、エストに恐喝まがいの台詞が多かったんで、今回は打って変わって、エストに気遣ってる・・・。
・・・と言いたいとこだけど、あの態度はあくまで、「兵器」としてエストを見てるのであって、横のつながりとか個人的にエストをどうの、では無いと思う・・・。

グラード卿とは30年で、デコースとは40年か・・・。
(いや、正確にはグラード卿とは、かなり後のことですけど。)
1巻を読み返して、エストはグラード卿とのつながりの方が、濃かったのでは?と思ったり。

で、残念な騎士ナンバー1になった?ジィッド。
シュぺルター(これも名前が変わって「デムザンバラ」・・・)。

誰かジィッドをぶん〇ってください、大パンチで。特に○○を重点的に〜(あっ、ねーちゃんキックか?そうなると・・・)。

誰も、調子に乗り過ぎなジィッドを止めないのだろうか・・・。
よく考えたら、バッハトマは新興国。血筋や経歴問わずのなのが、魅力でもあり、裏目に出てしまたのかな?なんて・・・。

ファティマを使い捨てにする、と定評のある?フィルモアですら、
「だが大切に扱え、貴重な戦闘兵器なのだ」(レーダー8世)、
「この戦・・・貴公らが最も頼るべきは・・・・・・ファティマたちだ!」(トライトン)

また、力、とか強さ、に関して、クリスやユーゾッタは、カイエンやミマス、慧茄さまの意見を聞く機会があったけど、あれは、騎士や聖帝の違いこそあれ、長年の経験豊かな、人を見る目がある方達。

翻って、勢いや資金はあっても、「バッハトマには実務経験の豊富な・・・マイスターすらあまり・・・」とエストが言う位だからなぁ・・・。
この辺が、新興国の泣き所では。
苦言を呈してくれる、年配の熟練者がいない、っていうのも、ツラいですわね・・・。


若い才能のあるジィッドを取り立ててはみたけど、地位に見合う人格やら何やらが、自動的に身に着くか?っていうと・・・。

騎士では無いですが、一流のアスリートと呼ばれる人たちは、自己の感情のコントロールも上手いのだそうで・・・。

ファティマにはケミカルが不可欠らしいですが、騎士にも、メンタル面を相談できる人とか、必要なんじゃあ・・・と思いました。


パートナーのニナリスがかろうじて、って感じですが、ニナリスに八つ当たりしたからって、キミが望むようなアレやこれがすぐ結果につながる訳ないだろー!!

・・・かつての京(ブラフォードと組む前)が、何人かの騎士からイヤミを言われ続けてたり、いい意味でズレてるブラフォードと組んで、コンビとしてはよくても、お給料が微妙だったんで、薬を隠れて打つようになったエピソードがあったように、「銘入り」の高名な博士のファティマでも、騎士や収入によって、苦しい道を歩まざるを得ない場合・・・というのは、わかっていても・・・。

かつて、ブルーノの、パラーシャへの八つ当たりを見て「傍で見ていて、気分が悪いぞ」って、ヤーボが言ってたのを、思い出すよ・・・。

デザインズ3で、ニナリスの項で「かわいそうでかわいそうで・・・シューシャみたいにならなきゃいいんだけど・・・」。
いやその、描いてるのはほかならぬ、作者様では??
・・・ご自分でこういうと、読んでる方はいささか、冷めます・・・。

では、ジィッドは、シューシャのパートナー、ギエロを同じ運命をたどるのか??

トレーサー1の、デコースの項にて「その危なさに惹かれる者は非常に多い」。
有名な騎士に憧れて、腕を磨く騎士がいること自体はいいんだけど・・・みんながみんな、デコースと同じような生き方をすればOK、じゃないのだけどな・・・。

騎士ではないけど、12巻ラストでちびログナーが桜子に言ったように「自分だけを追え」って、ジィッドにも誰か、言ってくれる人がいたら・・・。
そしてそれを受け止められたら、騎士としても人間としても男としても・・・・・・。

いや、別にジィッド、どーでもいいですけど、私。
ニナリスが報われるといいな、と言うだけです(初登場では、クールなファティマだなー、ってただ思ってたけど・・・。それなりに強いから、パートナーとして選んだのだろうけど、組んでる内に人間性とかどうなるか、までは、読めないんだろうなぁ・・・。さすがに)。

「強さを誇示してるうちは、まだ弱いということだ」(トレーサー1、アイシャの項)。
ジィッドがそれに気付く日が、来るのでしょうか・・・。

まぁその〜、「人は言葉だけでなく、行動を見なさい」
「褒めてもらいたいからって、仕事仲間に八つ当たりするひとは、嫌われるよ」
という、啓蒙漫画?!(違う・・・と思う・汗)

「人格は才能のご主人さま。いくら優れた才能を持ってるからって、才能だけをひけらかすのは、主人のいない家で、召使が威張り散らしているようなもの(要約)」・・・誰か、ジィッドに菜根譚を薦めてあげて・・・。

(※4・15、訂正。菜根端→菜根「譚」でした。書いてるうちにヘロヘロになってたので・・・。お詫びいたします。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

改めて、13年NT5月号の、FSS感想。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる