朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 国宝 興福寺仏頭展 (東京藝術大学大学美術館)

<<   作成日時 : 2013/11/24 13:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
これは3日に、行ってきました〜。

音声ガイドが、大空祐飛さんんん!!

・・・て、ガイドのナレーション全部がゆうひさん・・・では、無かったですが。
みうらじゅんさん&いとうせいこうさんのトーク、短いながらも、濃かったです(笑)。

仏像のファッション→「仏ション」とか。
ミュージアムショップでは、お二人がプロデュースしたグッズも、たくさん・・・。

私は、絵葉書だけでしたが(汗)。


ぶら美で紹介された時、省略された物も多かったので、行って見て、仏頭と板彫り十ニ神将・立像だけではないのね、と・・・。

板彫り十二神将、間近で見ると、迫力あります。
怒りの形相、腕や足のひねりとか。

中には・・・おトイレ我慢してる?的なポーズのもあったり(笑)。

日曜美術館では、あの薄さの板に立体感を出そうと深く彫ろうとすると、板が割れてしまう、と触れてましたが・・・だとすると、彫った人の技量が、凄さがわかりますね・・・。

立像の十二神将。

過去、別の展覧会で、四天王像だか何か、もっと大きな立像を見た事はありますが・・・。

同じ部屋の中で、みんな揃って+仏様も、というのは初めてかも。

十二支と結び付けられて、ということなので、怖い顔なのに、小さいウサギやネズミ、トラにサルが頭に乗ってたのでした。

背面ショットもカッコイイ・・・!

さっきと同じく、怖い形相で睨みつけたり、斬りかかろうとするのがいる一方で
「観光?」
「アイーンと、カトチャンぺの合体??」
・・・みたいなポーズの人が(・・・いや、本当にいたんだって!!)

興福寺では、背面ショットは見られないそうなので、貴重でした。

仏頭。
後ろから見ると、損傷のひどさが・・・。

でも、お顔はほぼ無傷・・・。

横顔、は、イケメソかと。

東京藝大の美術館は、もっと久々だったので、たどり着けるか不安でしたが・・・行けてよかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

国宝 興福寺仏頭展 (東京藝術大学大学美術館) 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる