朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ダディ・ロングレッグズ 2014感想・2。

<<   作成日時 : 2014/05/06 17:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


・・・クリエちゃん。
うん、待ってた・・・。感想書くの、遅れたけど(汗)。

チャリティー、というナンバーがあります。

・・・今回、改めて、歌詞が刺さった、といいますか・・・。

たまたま、観劇当日、新聞で、「伊達直人」さん(あの、ランドセルを贈られた方と、タイガーマスクの原作者さまの奥様の対面、等)の、記事を読んだせいもあるかもしれません。

♪チャリティー。
♪君がくれたもの、あげることはできなかった。


ジルーシャから手紙が来て、はじめ、質問攻めにされて、戸惑い、憮然とする「おじさま」。
男の子の方が良かった、こんな質問しないし素直だし、と怒りぎみ。

なのに、時間が経つうち、ジル―シャの豊かな想像力は、ジョン・グリアホームにいた時、本をたくさん読んでいた・・・訳では無く、むしろ読ませてもらえなかったり、大抵の人が「ふつう」なことが、ホームにいる子供にとっては「貴重」なことだらけだったのを知らされたり。

(ひとえに、ジルーシャの想像力って、もって生まれたものだったのかしら・・・。)

・・・だから、後の求婚についても、ジャーヴィスを愛する気持ちはあっても、なかなか受け入れられなかったり。

原作のエピソード、全部は出てこないですが、このミュージカルによって、改めて気づかされたりしますね・・・。


チャリティー、って、何だろう。
考えさえられました・・・。


ジャーヴィス、蝶ネクタイや他のネクタイ、場面や時間の進み具合などで、結構なにげに変えているのですね。

ステッキを持って現れる辺り、一瞬「タレーランんんんん?!」などと考えたのは・・・私だけですかそうですか(汗)。

ジャーヴィスでツボだったのは、あと、ロック・ウィローでジルーシャと会う時、河原?っぽいとこで顔洗ってる仕草ですか(汗)。

この作品のジャーヴィスって、ほんと、ジミーに対抗意識、燃やしまくりよね・・・(笑)。
ジャーヴィス本人は、多分、気づいてなさそーですが。

若いジミーには負けん!!って言わんばかりの感じが、オモシロイ。

アウトドアスタイルな、ズボンのすそをまくって、靴下にインする仕草も、見てて楽しかったです。

坂本ジルーシャ、みずみずしくも安定の、澄んだ歌声。
ほかのミュージカルでも、観てみたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

ダディ・ロングレッグズ 2014感想・2。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる