朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS レディ・ベス感想6

<<   作成日時 : 2014/05/06 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


メアリー女王の大法官・ガーディナー倪下と、スペイン大使・ルナール閣下。
大使が小さいのは・・・もっと近くで撮ろうと思ったら・・・ライトの関係で、お顔が白くなってしまうので、引いて撮った結果です。お許しください。
そうでなくても、人が写らないように撮るのは、けっこー大変なのですぜィ・・・。

ついったーでは、この二人が大人気。
27日に観たより、4日に観た方が、この二人はパワーアップしておられた・・・。

悪役なのに憎めない、お茶目な?!2人・・・。

ガーディナー、劇中ではおかっぱヘアーです。
帽子もかわいい?!

モンテ・クリスト伯の検事総長とも違う猊下と、ウェディング・シンガーのバンドメンバーとも違う大使。
・・・当たり前やっちゅーねん(汗)。

眠らない男ナポレオンの、タレーランの歌にある
メッテルニヒとは親友だ〜♪
とゆー歌詞が、突っ込まずにはいられないように・・・。

ナントカの友情はハムより薄い・・・といいますが、2国間での政府高官の友情は油取り紙よりも薄いんじゃないかと、僕は思いました。

まぁねぇ・・・平時ならともかく(ん?平時でも、か?)、あけても暮れても戦争状態な昔なら、なおさらか・・・。

猊下、スペインから婿入りした皇太子→国王フェリペのお酒を断れず・・・でも飲む前に、心臓を傷めて・・・。
斃れた猊下に、棒読みポーカーフェイスな大使・・・。

べスが邪魔!!・・・という意味では、二人は目的は一致していたわけですが・・・期間限定の友情だったようです・・・。
ちーん。

あぁ、フェリペやWメアリー、べスの母あん・ブーリンについても感想書きたいけど、いったん切ります・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

レディ・ベス感想6 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる