朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS レディ・ベス感想2

<<   作成日時 : 2014/05/06 22:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


帝劇で花總まりさん…!!
なんだか今でも、信じられないような。

これは、4・27ヒルの、配役でした。

ふたりのべスを観終えて思ったのは・・・。

やはり、気品とか高貴さは、花總さん。
平野さんは、ロビンを愛してはいるけど、感情の起伏が激しそう・人間味ある王女、という感じが。

ちょっと意外?だったのは、男装したべスが危うく捕まりそうになり、どうにか逃げられたけど、怒って一人で帰ろう・・・とする場面。

「気が変ったわ、やっぱり送って。」
・・・ってべスが引き返してくるんだけど、花總さんべスは今にも泣きそうな、そしてツンデレ?!な感じ。

で、ツンデレ、といえば平野さんべスも?と思いきや、泣きそう・・・まではいかないように見えるのですが、一人で帰れそうにも見えたり(どっちやねん、とか言わない・汗)。

お顔は二人ともカワイイ・・・のに、持ち味は違うのね、という。
当然か。


歌は・・・平野さんが上手いです。伸びるし、低音もきかせるし。いや、元々低音。歌詞がよく聞き取れる)。
着こなし、高貴さは花ちゃん(でも、タカラヅカ時代に比べれば、頑張ってます。昨年のモンテ〜よりも)

・・・どっちがどう、って、最終的には個人の好みになりますが。

続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

レディ・ベス感想2 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる