天地人・29話

・・・兼続は、つくづく厄介な人に縁があるような・・・。

正宗が、ツンデレに見える・・・。

もう出てこない?と思ってたまゆ毛星人が北条家にいて、そして、真田姉弟のパパも再登場(上杉・前田の連合として。相変わらず、飲み食いスキー)。
まゆ毛星人・・・なんかこのまま、最終回まで何気に出没してたら、ブキミだ(北条の負けが決まった時、一人す~っと退場するし・・・)。


正宗がなかなか小田原攻めに来ないのに、苛立つ秀吉。
兼続は再三、書状で訴えるが・・・伊達家のゴミ箱行き(ひでーっ)。

結果、チコクした為、廊下にバケツ持参で立っ・・・じゃなくて、秀吉先生は会津領没収。
正宗の「死に装束スタイル」・・・個人的には懐かしさを覚えたけど、実際、こんな態度でかい「おくられびと(違)」はイヤだ・・・。

帰り際、兼続に文句をいうが、兼続の方が、一枚上手でした・・・。

北条家は滅亡。

家康は、それまでの三河から、北条家の治めていた、関東に・・・。
秀吉の命を伝える、三成。

冷徹な三成に、「頭は切れるが、戦は苦手」と指摘する、家康であった・・・。



次回。
何が何でも上洛したくない!菊姫がどうするか、気になります・・・。