朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと見れた、えいがの…

<<   作成日時 : 2019/05/03 22:54  

トラックバック 0 / コメント 0

おそ松さん。
画像


遠くから見るならカラ松、
友達になるならトド松、
他人に思えないのは一松です
(※誰も聞いてない・汗)



公開7週目でも、入場者特典あるのは、うれしい〓

いやぁ、映画館って、この頃、宝塚のLVばかりだったし…。
それか、ドリパスでGTM、とか。



えぇと。
ただでさえ、おそ松さん。は、深夜枠…でも、小さい子が、ちらほら。

大丈夫だったのかな…。
下ネタアリだし…。

あ、でもラストは泣きそうになった。

手紙が白紙??つい、銀魂?!って思っちゃったけど、
一松が、
「誰も読んでないから、白紙で当然」的な台詞で、なるほど!!となりました。

あ、ぴえろ作品だけど、
クリィミーマミの変身コンパクトやステッキが映ったのは…一体…。


つか、ゴジラいたよね?!
いいの…?

前説?で、松竹って言っちゃってるんですが(汗)。



…タイムスリップもの、のようで、
誰かの思い出の中なので、一種、異様な世界観で進む物語でした。

ラブストーリー?かと思いきや、青春もの、
どちらかというと友情もの、兄弟の和解…に近いかな。

謎の黒猫にゃんと、手紙の送り主の関係は…
アレですか、
FSSでいう所の、エイリアスと本体??

手紙の送り主は、あのあと、どうなったのか…。

六つ子がニートなのは変わらずですが、
あの娘が、幸せだといいな…。








……って、
前記事と似たような締めくくりじゃないか(汗)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

TBのご注意

やっと見れた、えいがの… 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる