テーマ:アート

レディ・ジェーンとレディ・ベス。

怖い絵展。 に、行ったのはもう先月なのですが(汗)、先日、ぶら美で取り上げられていたので、思い出しながら…。 というか、 レディ・ジェーン・グレイの絵、を見た後、レディ・ベスを観たら、舞台の印象が、また違ったのであります…。 ついったにも、書いたんですが…。 何でまた、こうやって書くか、 それは、 ぶら美で、中野京子先生の解説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こども展

後で書きますが、これ同時期に、もう一つ子供関連の展覧会があり。 別々の日に見ましたが、今思えば、同時に見たら、面白かったかな・・・。 こども展、というと、ほのぼの・ほほえましいイメージがありますが、一方で、そうでない環境もあったり・・・。 ルソーやピカソの絵が、印象に残りました。 高貴な立場の子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャック・カロ、非日常からの呼び声

展覧会ハシゴのラスト。 これもお薦めされて、行ってきました。 エッチング系の絵だけ、の前者と、平野啓一郎さんがセレクトした後者。 前者は、中世ヨーロッパの世界に浸れます。 中世の風俗とか歴史、また、12使徒もいたり。 後者は、平野さんがほとんどの作品にキャプションが入っていて。 モローの絵があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮沢賢治と石

駆け足で書いてるので、後で修正するかも(汗)。 ・・・宮沢賢治の舞台を観た人間としては、これを見るとより、深まると申しましょうか。 薦められて見に行ったのですが、お値段も手ごろで、石をじっくり見る機会は、考えたらあまりなく・・・。 でも、小学校の理科室近くに、鉱石とかが並んでいたのを、思い出したり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルテュス展

展覧会のハシゴしてまして、この日。 バルテュス展、この日は落ち着いて見れました。 ポスターにもなった絵は、本物、迫力ありましたよ。 結構大きくて。 ・・・R指定っぽい、きわどい絵が多かったせいか、人は多くなかったけど、なかなか楽しめました。 展示場最後のあたりの、バルテュスの写真や遺品も、より、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木梨憲武展

開催期間が短かったのが惜しまれますね~。 6・15に行ってきました。 会場、物販とも超混み!! でも、昔、生ダラで描いた絵を見れたのは、嬉しかったり。 もし、絵を描いてみたいけど迷ってる、という方がいたら、見てほしいな、なんて。 色使い、筆遣いが自由なので、絵って、好きなように描いていいんだよ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄西と建仁寺展(東京国立博物館)。

…清澄白河の後は、上野~。 俵屋宗達の「風神雷神図屏風」、東京では5年ぶりの展示。 また、本館では尾形光琳の描いたそれ(下の写メが、光琳の絵)も、併せて展示(この同時展示も、5年ぶり?だとか)。 相互フォローしてる方の情報から、出光美術館では酒井抱一のそれが展示中と知りました・・・が、抱一のそれは、6日まで(涙)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚くべきリアル(東京都現代美術館)

4日、観劇のあと。 清澄白河駅も、会場も、初めて行った・・・東京都現代美術館。 お薦めされて、行ってきました。 駆け足でしたので、映像作品も幾つもあった中、見るのを割愛した作品もありますが(滝汗)。 チラシを見るだけでは、決して分からなかった世界があり・・・。 現代アートはあまり見ない方ですが、立体物・映像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンディ・ウォーホル 永遠の15分(森美術館 2014・3・30)

これは今日までですね(もう、終わっちゃいますが・汗)。 昨年の、国立新美術館での「アメリカン・ポップアート展」で、ウォーホル作品は見たので、いいかなぁ・・・と思ったのですが、今回は、どこを切ってもウォーホルまみれ(その言い方やめい・汗)なのと、かなり大規模、らしくて、それで。 ポスターにもある通り、マリリン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラファエル前派展(森アーツセンターギャラリー 2014・3・30)

・・・終わってしまいましたが・・・。 今年の「日経おとなのOFF」新春号にて、表紙がロセッティの「プロセルピナ」で・・・。 三菱一号館美術館の、「ザ・ビューティフル」と、開催時期が重なったのは、偶然らしいのですが。 行くのは、こっちが先の方が、良かったかも・・・と、ちょっぴり後悔。 兄弟団結成前後とか、兄弟団の画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリヂストン美術館コレクション展 画家の目、彫刻家の手

シアタークリアの後、えっちらおっちら東京駅八重洲口まで歩いて、たどり着きました・・・。 展覧会自体は終わってしまいましたが(汗)。 ブリヂストン美術館は初めてでした。 古代エジプトの像から現代アート(ジャクソン・ポロックもありました)まで、コレクションが幅広い・・・。 この日行ったのは、チラシにあった(ポスターも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ビューティフル (三菱一号館美術館)

・・・星組観劇の後(つまり、2・16)、展覧会行ってきました。 ・・・気が付くと、バーン・ジョーンズがちょっと好きになっていた・・・。 ・・・以前、バーン・ジョーンズ展が開かれた折、ぶら美では見たけど、足を運ぶ、まではいかなかったので・・・。 行かなかったことを、ちょびっと後悔しました。 ラファエル前派展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャヴァンヌ展(Bunkamura ザ・ミュージアム)

・・・1・19日に見て来ました。 て・・・東京は今日が最終日(汗)。 い、いや・・・島根ではこの後だから! 東京とは展示替えが一部あるみたいだし・・・。 昨年のぶら美にて、岡山の大原美術館SPの時、シャヴァンヌの絵が紹介されてましたが・・・まさか、ここで見られるとは。 壁画が主だったため、日本ではあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 year Exhibition(銀座ミレージャギャラリー)

・・・22日のこと。 展覧会は、今日まででしたが(汗)。 とてもこじんまりしたスペースで、でも見応えはありました。 油彩画、アクリル画、水彩画、そして色鉛筆画。 デジタル画だけど、タッチは日本画風、そして描かれてるのは布、という作品もあり、複数の画家の皆さんの作品が展示してあったのですが、それぞれ個性的で、楽しめました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱一号館美術館 名品選2013 近代への眼差し 印象派と世紀末美術

15日の日曜日の続き。 上野の都美から、丸の内へ~。 ここの美術館のコレクション展示、のためか、料金が安くて(当日、1200円)、あと、人物画が見たかったの・・・。 ポスターにもなってる、ルノワールの『長い髪をした若い娘(麦藁帽子の若い娘)』に、癒されました・・・。 そんなに、ルノワール好きでもないのに・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターナー展(東京都美術館)

『私は分かってもらおうと描いたのではない。 その場面がどのように見えたかをしめしたかったのだ(※日曜美術館で紹介された、ターナーの言葉)』 去る12月15日、行ってきました。 会期中最後の日曜日だけあって・・・混んでましたね。 え~と、東京は終わってしまいましたが、神戸は来年1月~4月まで、神戸市立博物館にて、開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モローとルオー 聖なるものの継承と変容(パナソニック汐留ミュージアム)

先月23日、行ってきました。汐留ってどこ?状態…。新橋で降りて、徒歩で・・・。 ずっと前、岡本太郎の「明日の神話」見に、汐留行った…ハズなのに(汗)。 余り頻繁に行かないしな…。新橋すら…。 新橋演舞場、ってあるけど、あれは東銀座が最寄駅・・・。 (↑これも、95年・97年に行ったきり。「西太后」の初演と再演、観に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミケランジェロ展 天才の軌跡 (国立西洋美術館)

・・・これも3日に。 そーです、はしごしてました・・・。 上野って、いいなぁ・・・。 これもぶら美で以下略。 ポスターになってる、レリーフ(階段の聖母)はミケランジェロ15歳の作。 聖母マリアがうつろな顔なのは、今後のわが子の身を案じて・・・だそうですが。 展示作品を追って見てたり、ぶら美を思い出しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展  京都 洛中洛外図と障壁画の美(東京国立博物館)

仏頭展の後、見て来ました。 ぶら美で、紹介されてて・・・。 洛中洛外図屏風、というのは、洛→京都。 洛→洛陽、ってことで、京都の俯瞰図(京都の市中ならびに郊外)の屏風、みたいな・・・。 展示替えがあり、上杉本は見れました。 ・・・もっとも、かなり人が・・・小さい・・・。 混んでたし、あまりゆっくりとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝 興福寺仏頭展 (東京藝術大学大学美術館)

これは3日に、行ってきました~。 音声ガイドが、大空祐飛さんんん!! ・・・て、ガイドのナレーション全部がゆうひさん・・・では、無かったですが。 みうらじゅんさん&いとうせいこうさんのトーク、短いながらも、濃かったです(笑)。 仏像のファッション→「仏ション」とか。 ミュージアムショップでは、お二人がプロデュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹内栖鳳展 近代日本画の巨人(東京国立近代美術館)

東京は終わってしまいましたが(汗)、京都はまだ開催中(12・1まで)ということで…。 にしても、書くの遅すぎ・・・。 先月の13日に行ってきましたです。 期間中、展示替えがあったので、ミュージアムショップで、見てない絵葉書があって、ちょっち落ち込んだり・・・。 でもまぁ、班猫(本当はまだら→斑、の字が正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲が来てくれました プライスコレクション 江戸絵画の美と生命(福島県立美術館)

昨日、行ってきました。 ・・・今日(23日)で、終わりですが・・・。 ホントは、もっと前に見に行きたかったですけど、何度も言うように、この夏はアニメ映画尽くしで、仙台や岩手は、自分には遠くて・・・。 ただ、さっき、春にやってた美術系の番組、改めて見たんですよ、この展覧会関連の。 岩手はわかりませんが・・・ 仙台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リアル・キャンベルスープ缶200コ。(アメリカン・ポップ・アート展)

ミュージアムショップの出口にありました。 アンディ・ウォーホルに思い入れは無いほう・・・ですが、「200個のキャンベル・スープ缶」は、日本初公開・・・というのも、この展覧会、行きたいな、と思った動機の一つです。 ・・・絵の方が良かった・・・。 つうか、キャンベル・スープ、今はこのデザインじゃないのね・・・。 昔の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっかくなので、「アメリカン・ポップ・アート展」ポスターもう一枚。

クラーク・コレクションに出てた、あの絵が入ってるアレです。 頬杖ついてこっち見てる、黒いドレスの女性の絵は、ルノワールの「劇場の桟敷席(音楽会にて)」ですね。 ・・・クラーク・コレクション見に行った時、これのポスターを写メしたかったけど、出来なかったので・・・。 リベンジも含めて。 ・・・で、ポップ・アートに思い入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカン・ポップ・アート展(国立新美術館)

練馬から乃木坂へ。9月8日に行ってきました。 ぶら美で紹介されてた、というのもありますが・・・。 番組でも触れてましたが、このポスターにもなってる絵は、現物は、道路標識などに使われてるものと、同じような材質のものです。 ・・・ので、ポスター等、印刷だと分かり難いのですが、現物は、近づいてみると、光沢というか、つるつるしてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島茂コレクション3  モダン・パリの装い (練馬区立美術館)

展覧会は終わってしまいましたが(汗)、最終日、行ってまいりました。 「バルビエ、ラブルール展」以来の、約一年ぶりの、練馬区立美術館。  ※その時の感想はこちら↓ http://adzuleight.at.webry.info/201205/article_3.html この展覧会は、鹿島先生がツイッターでも告知してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーシキン美術館展 フランス絵画300年 (横浜美術館)

そして、土曜日の話。 閉館一時間前に着いた…。 横浜駅から、歩くと・・・かなり疲れます(汗)。 桜木町駅から、って、パシフィコ横浜行って以来で、降りたことなかったので(汗)。 ダイエットしたい人には、横浜駅から歩いて行ってもいいけど、横浜美術館は、桜木町駅から、って、覚えとこう。自分・・・(恥)。 ・・・震災の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴婦人と一角獣展 (国立新美術館)

日曜日の続き。遅れちゃったけど・・・。 観劇の有楽町のあと、乃木坂に…。 こちらも奇跡の来日。 フランス国外に貸し出されたのは、今を去る事39年前の、米国・メトロポリタン美術館のみ、とゆー貴重な、タピスリー(英語でいうところの、タピストリー、ですわね)。 ポスターでみると分かり難いかな・・・。 絵画ではなく、織…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュシャ展  パリの夢 モラヴィアの祈り(森アーツセンターギャラリー)2013・5・12

激コミでした・・・先週の日曜、観劇の後、有楽町から六本木。 70分待ちでした。 中も混雑・・・。 ・・・て、東京は昨日で終わりでしたね・・・。 でも、新潟・松山・仙台・札幌にお住まいの方は、ご安心なさって! これからでございますことよ!! もっとも、仙台・北海道は、来年になってしまいますが・・・。 実は、ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラファエロ展(国立西洋美術館)

遅くなりましたが、GWの話。 5日の観劇の後、有楽町から上野へ…。 いや~、えぇお天気でした・・・。 人ごみも・・・。 ハッハッハ・・・。 入場〇〇分待ち、とまではならなかったですけど・・・入場券買うのが、時間かかったかな。 改札近くの、上野駅構内で買えるかな?と思ったら「ラファエロ展は取扱いしません」の文字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more