朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS トリニティ・ブラッド ISSUE

<<   作成日時 : 2005/08/03 21:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・なんか「一人トリ・ブラ祭り」状態ですが、たまたま発売時期や、書くのが重なっただけです・・・。

シスター・パウラ役の方が、「マリア様がみてる」の、新聞部部長・築山三奈子さま役の甲斐田裕子さん・・・と、この本を買って、そして↑のプレミアムブックを読み返して初めて、知りました・・・。
(遅過ぎというか、「斉藤千和さんって、<ココロ図書館>の主人公・こころちゃんの他、<マリみて>の、山口真美さんじゃなかった?」)と思って、本をひっくり返したのがきっかけでした。ん〜、元・黄薔薇さまと現・白薔薇さまの他、三奈子さままでいらっしゃるとは・・・。)

甲斐田さんは、生天目さんに「細かい設定や関係を教えてもらった」とか。
(ちなみに、ノエル役の大原さやかさんは、「マリみて」山村先生役。)

生天目さんと能登さん、能登さんと斉藤さん、生天目さんと甲斐田さんは、それぞれ交流があるらしい・・・(事務所が同じ人もいれば、別の番組で共演してる、というのもあるんでしょうね)。

さて、本では井上伸一郎氏(どうしても、編集長と言ってしまふ・・・。作りが、「FSS ISSUE」と似てるんだもん)の前書き?が。

そこで注目だったのが、生前の原作者・吉田直先生とのやりとり。
・・・作品と作者を混同するな、というのは学生時代、何度も何度も言われましたが・・・。何となく感じてましたが、やはり、そうだったのか、と思える箇所が幾つかありました・・・。

(それでも、「作者(のプライベート等)がこうだから、原作の○○も〜」とは、禁欲的にならなければいけないですけど。作者本人の出来事と「直結」させるのではなく、創作過程においてどう「変化」していったかを、冷静に見ないと・・・いけない訳で。)

今出ている分は、構想全体からすると「半分にも届いていなかった」とか・・・。
「神学大全」未購入、既刊を読破したい反面、面白いので読み終えるのが勿体無い・・・。ジレンマであります。
でも・・・惜しいですね・・・(もう、一年になるのですか・・・)。

あと、登場人物のモデル。誰々さんは実在のこの人で・・・というのが分かったり、面白かったです。
(そうか、ハヴェルはバティだったのか。いまだにバティストゥータ選手というと、02年W杯の、悲しそうな横顔を思い出す・・・。)

コミックも付いてて、そちらも良かったです。「GUNMETAL HOUND」「夜の女皇編」の予告、みたいな感じでしたが・・・。

・・・「ただの美少女」って、おいおい、自分で言うかー!!(あっさり言ってるけど、面の皮厚いヨ。)
それと、アストさんの入浴場面、色っぽい(改めて、ナイスバディだ)・・・。あれは誰に話しかけているのか??気になる・・・。
(これは原作読んでないので分からないのですが・・・。コミック版オリジナルなのか、どうなのか。むぅ・・・。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

トリニティ・ブラッド ISSUE 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる