朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ・・・AND LIFE GOES ON.

<<   作成日時 : 2006/02/24 20:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

荒川静香選手、フィギュアスケート金メダル、おめでとうゴザイマス!
↑アジア勢の、五輪のフィギュアでの金メダルは、彼女が初めて・・・って、改めて、スゴイ事なんだなぁ・・・と実感。


・・・でも、「金メダルだー!」って、確かに、今大会の日本選手の不調が目立ったからって、・・・・・・変に大騒ぎして欲しくない気持ちも、あったり・・・。

あと「3人娘」、って、ひとくくりにしなくても・・・。
3選手それぞれ、「個性」があるんだし。


村主選手、安藤選手、男子の高橋選手、代表にはなれなかったけど、織田選手・・・。

恩田美栄選手や、中野選手、浅田選手、日本ではないけど、会場入りしながらも、惜しくも棄権した、ミシェル・クワン選手(米国)・・・。

「ひとり上がれば、ひとり下がるのか。 がんばり点て、ないのかなぁ・・・」
・・・『生徒諸君!』の、ナッキーの台詞を、思い出したり・・・。

「あなた達が合格した影で、大勢の人達が、涙を流しているのよ。」
とは、宝塚に入った生徒に、よく言われる言葉ではありますが、これも、思い出し・・・。


スケートに限らず、ダンスでは、「跳ぶ」のが得意なタイプと、「舞う」のが得意なタイプ、二つに分けられるそうですが・・・。
個人的には、ジャンプが上手い選手が、見てて楽しいのですけど、ジャンプはリスクも高いようで・・・。

「安定した実力」を、本番でどれだけ(そして、最後まで)発揮できるか。
それが、『鍵』となった・・・ような、気がしました。


でも、優雅、もしくはダイナミックに滑っているようでも、厳しい練習・体力・精神力づくりを経て、頑張ってきたのですから・・・。
頂点に立った方(とても素晴しいし、賞賛すべき事ですが)だけでなく、金メダルだけが人生では無いので・・・。
報道はその辺、気を配って頂きたいものであります・・・。

(どのスポーツでも、「選手生命」は短いですが、ひとりの人間としての「人生」は、もっと、ずっと長いのですから・・・。)

いろんな「生き方(選択)」があっていい。
荒川選手はプロ転向、村主選手は次回、バンクーバー五輪も目指すそうで。

安藤選手、まだ若いのですから、どうか、焦らずに・・・。

・・・・・・運動の苦手な私(当然、スケート未経験)の、たわごとなので、上手く言えないのですが・・・。





話はそれますが・・・「トゥーランドット」、恥ずかしながら、昔、宝塚の機関誌で漫画連載されていた、さいとうちほ先生の描かれたものしか知らない(宙組の「鳳凰伝」見逃し・涙)ので・・・。

中国の話にしては、「?」な部分があったのですが、「架空の」古代中国の話なのですね・・・。

花總まりさんのトゥーランドット姫、観たかったなぁ・・・。
(「お前の首は私の物だ!」等、怖い台詞もあるけど、衣装が豪華だったようで・・・。あぁ、無念。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

・・・AND LIFE GOES ON. 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる