朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴヤ〜光と影〜

<<   作成日時 : 2012/01/23 21:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日、行って来ました。

・・・個人的には、着衣とそうでないの、2つ同時に見たかった気もしますが(それは、本場に行くしかないのね・・・)、40年ぶり、ってのも、すごいかも。
あ、グッズ販売では、両方のポストカードが売ってます。

買ったよ・・・。ハハハ・・・。


昨年、関連番組も見ましたが、マハのモデルって、今でも分かってないのですね・・・。
候補?はいるみたいですが。

寝具の色とか、シーツの細かいとことか、あと、二人のマハ、髪型も違うのね。
ポーズも、よ〜く見ると違うし、第一、あのポーズはきついらしいよ、実際真似すると・・・。
服を着てない方は、すっぴん・・・と言ってもいいのかな。

つうか、個人的には、あの絵の女性は、似てるけどそれぞれ別人、のような気も。
(なんとなく思うだけなので、本気で調べたい人はこんなところを読んでいてはノンノンノン。)

二通り描かれた目的やら理由も、作者が終生、語らなかったのが、謎ですわ・・・。

現物は、予想よりは大きくないかな・・・。
いや、大きいですが、他にも、もっとデカい絵が沢山あったので。

小さい素描等も、ありましたけど・・・。

今回、目当てはマハ以外に「日傘」をもう一度みたい、というのもありました。
94年?だったか、別の展覧)で、この絵を見てる・・・・・・はずなんですが、あまり覚えてない、という・・・・。

半券が残ってたんで、後になって、あぁ、この絵も見てたのね、っていうか、色遣いが気に入ってたんですが、これを描いた人の名前等には興味が湧かなかった・・・。

たぶん、一緒に展示されてた?ベラスケスの絵に、関心が行っちゃったみたいで。

展覧会、大概一人で行くもんで、こういう時、ツッコんでくれる人がいないのである・・・。


ところで、日傘、に描かれてる女の人の顔と、マハ、のそれとは、だいぶ違いますね・・・。
当たり前だろ、と言われればそうですが、日傘、のお姉さんはかわいくて幼さの残る、甘い顔なのに対し、マハの方は、色っぽいし大人だし、それでいて意志の強さが伝わってくる、凛々しい美人・・・。

膝の上にわんこがいる日傘、のお姉さんですが、全然違うけど、マネの、鉄道(サン・ラザール駅)、を、思い出したり・・・。

他にも、女性の肖像画が何点かありましたが、う〜ん、作風が変化していった、ということでしょうか。
ゴヤにあまり詳しくないので・・・。
(そういえば、一人の画家オンリー!の展覧会って、滅多にないかも。大概、あったとしても、同時代の他の画家とか、影響を受けた先達の絵とかもあったりするし・・・。)

期間が短いですが、ゴヤの絵だけ堪能したい、方には向いているのかも。

でも、黒い絵、とかは無いので、その点では・・・。

ダークな絵が見たい、という方には、素描やエッチングでなら・・・いいかも。


他、猫の喧嘩、や、無原罪のお宿り、など、初めて見る絵に、ポスカを買ってしまったのでした・・・。

いやあ、わが子を食らうサトゥルヌス、を描いた人と同一人物とは・・・。

フランス革命の時から、後の時代、スペインの歴史には詳しくなかったので、フランスがスペインに攻め込んで云々、の話は、けっこー衝撃でした。

素描やエッチングは、ハードな描写が多いので、小さい絵だけど、見るのは複雑なものがありますです・・・。


・・・会期はあと少しですけど、着衣のマハを日本で見られるのもあとわずか、どーですかお客さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

ゴヤ〜光と影〜 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる