朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀魂・259話〜261話

<<   作成日時 : 2013/02/11 22:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・気が付くと、傾城篇が終わってしまった・・・。

早く感想書きたかったけど、遅くなってしまった。恥ずかしい。



感想、結論から言うと・・・。









アニ銀見てて、初めて(?)泣いた。

いや、原作の傾城篇ラストも、泣きそうになったけどね・・・。

・・・戻って、感想。

259話。
そよ姫、いつも血のりを持ち歩いているのだろうか・・・そんなバカな。
で、うっかり気を失ったそよ姫にいっこ○堂な感じでごまかそーとする銀さん、そりは月詠でなくても怒るわな・・・。

朧の声って誰なんだろう・・・と思ってたら・・・

まさかのカカシ先生。

とーぜん、カカシ先生とは全く違うキャラですが。
(でも、単行本の背表紙見てると、ただのシリアスキャラに見えない・・・。)

意外なキャスティングではありましたが、ちょっと引っ掛かったり(中の人がどうのではなく、これについては後述)。

中の人が悪役を演じるのは、自分としては「Zガンダム」のジェリドくらいしか印象に無いのですが、
(※古い話だけど、ムテキングだのアンソニーだの島村ジョーだの、正統派二枚目とかヒーローが多かったっしょ。主人公でも、山岡士郎や「昭和アホ草子あかぬけ一番」の主人公とか、「シュラト」のオネェキャラ・レイガとか、変わり種はありましたが・・・。)

あそこまで感情を表に出さない悪役って、初めて見たような。


朧に攻撃されて、体が動かない銀さんの元に、見廻組の佐々木や、城門の前には真選組の三人が・・・。

260話。
二つの武装警察が、普段ならありえない連携。
・・・にしても、総悟の神楽に対する態度は、まぁいつも通り?にしても、見廻組を毛嫌いする土方は、逆切れもいいとこにバズーカブッ飛ばしてますな(汗)。
近藤さんに、「それ攘夷志士!!」と突っ込まれる始末・・・。

見廻組の佐々木。刺されたはずが、顔色変えずに・イヤミはそのままに、ドーナツ持参で病院から江戸城に。

ドーナツに食らいつくノブたす(の、横顔とか、特にほっぺ)が、きゃわゆす☆

人斬り中毒というより、ドーナツ中毒状態?!

異三郎は、生きてる、と一人ごちてましたが、ドーナツの方が大事っぽい・・・。それで良いのか??

銀さんに銃を向け・・・しかし放たれたのは普通の銃弾ではなく血清も入ったもの。
朧の放った毒針で動けない銀さんには、しびれは多少あっても、これでどうにか動ける、というもの。

銀さん、佐々木の頭蹴って、悪態つきながらも、定々を追う・・・。


天導衆の船に乗り込もうとする定々、しかし、変装した銀さん・月詠・信女により、奈落は壊滅状態。

朧との激しい戦闘の中、師・松陽との最後のことばを思い出し・・・。
(しかし、先生若いっていうか、中性的だなぁ・・・。)

朧にとどめを刺す。

261話。

将ちゃん、いやさ茂々が出てきて、将軍職を辞する覚悟で、天導衆と対峙。


・・・けど・・・決着がついたような、うやむやにされたような・・・。
久々の高杉が、コワイ・・・。
終盤、満月を見上げるところで、高杉も満月と縁があるキャラだなぁ、と思い出したり。

銀さんとすれ違うけど、お互い、気づいてない??

佐々木は高杉の大ぼらに付き合い、のぶめもそれには同意してるけど、三人とも、どこまでわかって共犯関係にあるのか、見えにくいのが何とも。
少なくとも、のぶめ→佐々木というのは、本物だと思う。
(信女が、元は天導衆に仕えていた暗殺組織・奈落にいて、朧とは旧知の仲、とここで明かされました・・・が、朧と信女って、何歳差なのか、気になってしょうがなかったです。

にしても、朧の中の人って、ベテランさんなのに若い・・・。
ヅラの中の人もそうだけど、声優さんて、実年齢が分からなくなるくらい、お若い声の方って、いますね。
作り声とかでなく・・・。

ともあれ、信女と佐々木、朧との過去篇とか、見てみたいなぁ。
原作でも、その辺はいまだ、分からないので。

信女の首の後ろの、刺青は、さすがに月詠の師匠とは色が違っていた・・・。
いや、首の後ろに入れるからって、みんな同じ色だったら怖いがな。

ところで、天照院「奈落」の刺青が、FSSおよびGTMの、どっかの組織の刺青とそっくりだと思った人、この指止〜まれ!!

両者とも、表に出てこないヤバい組織であることに、変わりない・・・。


「約束」を守るため、城内の警戒が厳しい中、佐々木以外、みんな協力して、舞蔵を吉原に送り届けようとする。
(相変わらず、総悟は土方にキツイ。挑発に乗る土方も土方だけど・汗。)
信女は、昼間そよ姫には「そんな顔をしてもダメ」と言ってたけど、この時は思い切り缶を蹴っ飛ばして・・・。

お化粧をして、待ち合わせ場所で佇む鈴蘭、遠くでそれぞれ満月を見上げる、真選組と見廻組。
(佐々木と信女の表情の違いが、おかしかったです。)

桜の下で落ち合うはずが、桜は電信柱になっていた。
影で見つめる万事屋3人と、月詠。



ラスト、分かってても泣けた。
銀魂見て、リアルで泣くだなんて、自分でも驚いたよ、コノヤローーーーー!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

銀魂・259話〜261話 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる