朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS ガラスの仮面ですが・7話

<<   作成日時 : 2013/05/20 23:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

・・・考えたら、Z、になってるんだから、話数・・・↑(汗)。
まぁいいや、気にしないでいく。

マヤと亜弓さんが芸人コンビ!
しかも、セレブな(こう書くと、亜弓さん嫌な顔しそうだけど)亜弓さんが、ジャージに袖を通していらっしゃる!!

ちなみにコンビ名は「紅☆てんにょ〜ず」。
・・・千年からなる梅の木の精にして、絶世の美女、という設定が、軽くなってしまふ・・・。

が、亜弓さんは、舞台の後、マヤのツッコミが甘かったと、お怒りモード・・・。

え?亜弓さんがボケなの?
マヤがボケの方が、あってそうな気が・・・。

今日は紫の薔薇の人が観に来るから、とどっか落ち着かないマヤに、芸人は女の幸せより、「芸人」に徹しないといけない、と厳しい。

月影先生も現れて、マヤはいろんなものに突っ込み始めるが、憧れの人、紫の薔薇の人からの差し入れは、お約束の薔薇ではなく・・・・・・



紫イモ!!!

が、マヤはなぜか嬉しそう。

そこはツッコまんのかい?!と、キレ気味な亜弓さんであった・・・。

紫イモを送る方が、勇気が入りそうですが、真澄様・・・。
あと、どうでもいい(?)ですが、三味線初心者によると、あれは、立って弾くには難しいそうです。
昔ヒットした「帰ってこいよ」の人は、簡単そうに見えますが、アレはスゴイ事らしい。

という訳で、何気に立って三味線弾いてる月影先生は、スゴイ・・・。


千草・・・恐ろしい子!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

ガラスの仮面ですが・7話 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる