朝凪、夕凪

アクセスカウンタ

zoom RSS 「眠らない男 ナポレオン」感想続き。

<<   作成日時 : 2014/03/10 00:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



100周年、ということで、ポスターがいつもの階段の位地では無かったり。
他にも、100周年仕様がそこかしこに・・・。
劇場に行かれる方、楽しみに〜。

感想、続き。

ナポレオンに思い入れが無いので(汗)、なんだか、秀吉みたいだなァ、なんて感じたり。
図らずも、ジョセフィーヌ役の方は「ねね」さんですが(汗)。

いや、ナポレオンの方がまだ、おしゃれですが・・・。

武勲を立てて皇帝にまで登りつめたのに、正妻との間に子供に恵まれず、自分より身分の高い姫を妻にして、そちらとは子供が出来たのに、その子は自分の継承者にはなれずに・・・みたいな所。


劇中、ナポレオンの忘れ形見が、大きくなった姿で、父の副官からいろいろ話を聞く、という形で話が進行するわけですが。

・・・ナポレオン2世、エリザベートの息子より哀しい人生なんですけどォォォォ!!

母、マリー・ルイーズが、ナポレオンからすっかり心が離れる辺りは、舞台では触れないので・・・。
いいのか悪いのか・・・。

あ、「眠らない男〜」は、かなり展開が早いです。
音楽はいいけどね。
エリザベートのパンフみたく、年表やら解説やら欲しかったです。人物相関図はあるけど・・・。

音楽は好きスキ。何度でも言う。

あと、個人的には、ハイウエストのドレスって好きじゃないんですけど、ジョセフィーヌの服はみんなきれいでした。

ナポレオンとのラブシーン、ハッキリ描いてる訳じゃないのにセクシー・・・。
しかし、だからこそ宝塚、って気がする。

世界へ発信、とはいうけど・・・。

外部で観てみたい気もしますが、一方で、タレーランがリアルオッサンだと・・・ちょっと悲しいかも・・・。

ナポレオンの副官、マルモン。一途でいいヤツ・・・。
最後、どうしようもないから、パリを解放せざるを得ず、退位宣言書署名の後の、涙しながら見送る姿は、印象的でした・・・。

まだあるけど、ひとまずここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TBのご注意

「眠らない男 ナポレオン」感想続き。 朝凪、夕凪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる